1対1のオンライン授業とオンライン自習室

4月9日現在、学校が1ヶ月ほど休校となり、生徒たちは、塾へ通うことも困難であり、また、危険にもなりました。

それで当塾では、対面授業からオンラインでの授業へ切り替えを行いました。 

 

◉当塾は中学受験それを終え私立中高一貫校の生徒を中心とし、大学受験/高校受験/中学受験の合格をサポートする進学塾です。

  

まず、中学受験の小学生たちは、大手進学塾での学習がストップ新しい単元を学習できなかったり、一方通行の映像授業に慣れなかったりして、マンツーマンのオンライン授業へ流れる動きがあります。

 

また、私立中高一貫校の中高生で目標がある場合は、受験へ向けて、休校中もゴリゴリ勉強に励んでいます。彼らは授業で入試問題へチャレンジしたり、追加の課題を行うことで、この時期、より一層学習へ集中したり、弱点克服へ向けて、学習を進めています。

とはいえ、一方で大量の課題に四苦八苦している女子校や男子校の生徒たちもいて、彼らは課題を適当に済ませるのではなく、マンツーマンのオンライン授業を通じて、ひとつひとつ丁寧に学習し、予習/復習することで、基礎学力を定着させています。

 

現在、学校がストップして学習がなかなかはかどらないという生徒もいると思います。

しかし、来年、受験は必ずやってきます。

いま、頑張る生徒と、頑張らない生徒で、きっと差ができる、それを理解して、いま取り組めるように、オンライン授業を通じて指導していきます。


当塾ではZOOMを利用して、オンラインの自習室を開いております。

一人で学習するに変わりはありませんが、目標を持った仲間たちと、雰囲気を共有しながら学習をしていきます。

自習室では質問対応する講師も参加しており、生徒たちをサポートしてくれます。

1対1の個別指導としてのウェブ授業

コロナウィルスによって、不特定多数の人が一箇所の閉じられた空間に集まるということが危険視され、多くの学校や集団塾は休校となりました。

 

そして、受験生もそうでない生徒たちもにも、大きな春休みが訪れました。

 

長い春休みが訪れ、喜んでいる生徒もいることと思います。

 

しかし受験生や、受験生を抱えるご家庭にとって、この状況は大きなリスクをもたらしているかもしれません。学校や塾、自習室での学習機会が得られなくなっているからです。

 

ただ、この状況をチャンスと捉え、学習に取り組んでいる生徒たちもいます。

 

集団塾では通常授業がストップし、インターネットによる配信授業が行われていることと思います。

一方、ゴーズは「1対1の個別指導」となっているため、個室での1対1の授業を継続しております。

(自習はストップしております)

 

授業ごとに机を除菌、教場の換気、手洗い、生徒講師のマスクの着用を徹底しています。

ただ、それでも心配な場合もあります。

 

そこで、ゴーズでは、Skypeを利用したインターネットによる双方向でのやり取りが可能な、「ウェブ授業」を行っております。

 

今回のブログでは、このウェブ授業の様子についてお話いたします。

教室風景

ゴーズでの「ウェブ授業」は、通常の授業と同様に、1対1のみしか行っておりません。

 

それで、生徒さん側にはカメラが付いたパソコンやタブレット、イヤホンかヘッドホンを用意していただいております。もしも上記機器がないご家庭には、ゴーズから貸し出しをしております。

 

また、講師はヘッドホンと書画カメラ(講師の手元を写すカメラ)、講師の顔が見えるフェイスカメラを使って授業をしております。

 

現在のところ、生徒やご家庭からは、「通常授業とほぼ変わりがない」と言うフィードバックをもらっており、安心しております。

 

では、「ウェブ授業」どのように行っているか、といいますと、以下の写真のようになっております。

ウェブ授業では、生徒と講師で共通の問題集やプリントを用意します。

(クラウド上で共有できる仕組みを使用します。)

 

問題の解説を行う場合は、手元のカメラを利用したり、あるいはフェイスカメラでホワイトボードを利用して解説を行っていきます。

 

講師側からは、フェイスカメラに映る生徒たちの表情を見て、理解度を確認したり、質問対応を行っております。英語では発音するための口の形なども映像で確認して進めます。

 

また、講師の手元を写すカメラがあることによって、問題のどこに注目するべきか、と言うことを生徒と講師で、目視によって、即座に共有できて、説明が楽です。

 

上記にありますように、「塾で1対1でやっている時とあまり変わらない」というご感想がほとんどですが、中には、塾での授業よりも、積極的に取り組めている、という生徒もいました!!

このウェブ授業、ゴーズは数年前から行っておりす。

ほとんどは、インフルエンザになってしまった生徒に対して、体調は回復したけれど自宅待機期間中である、という場合に行っていました。

 

当塾は1対1の授業しか行っていないため、こういった際に、Skypeを利用することで、今まで通りの授業が行えてます。

 

学校は休校、集団塾もお休みか、ウェブ配信授業に切り替わっていく中、ひとりひとりへのきめ細かい授業を行えているのは、いままでの経験があったからと思います。今後も、ウェブ授業を活用して多くの生徒達との授業を行っていこうと思います!😊

 

 

とはいえ、上記の写真のように、自習室には誰もいません。😭さびしいです!!

 今後は、「自習室」のように、学習する目的を共有する者同士の存在を感じながら、学習に取り組めるような仕組みを作っていけたらと考えております。

 

川合

2020_中学入試応援@多治見西中学

読者の皆様 、お久し振りでございます。

 

考えてみると、これが2020年最初のブログですね。

 

今年もよろしくお願いします。

 

 

 

さて、先日は私立中学入試の応援に行って参りました。

 

今日はその日の事を書こうと思います😊

 

 

 

午前7時45分ごろ 

 

塾に集合し、川合先生の車で受験校へ。

 

車内で直前の確認テスト(社会と理科)。

 

ちゃんと答えることができていたので一安心!

 

あれだけ勉強頑張ってたもんね。

 

 

 

午前8時15分ごろ

 

会場到着。

 

ここで車を停めて国語の確認。

 

これもよくできていました!!

 

少ししたところで学校の先生に受付開始を伝えられました。

 

 

 

車内でプチ激励会。

 

初めは少し緊張しているようにみえた彼女ですが、車から出て見送る時には笑顔がみられました。

 

よかった😉

 

 

 

私は講師となって、初めて中学受験を経験しました。

 

私立受験というものを身をもって感じることができたのは貴重です。

 

教えていて、受験で必要な知識は小学生がこなすにはあまりにも膨大な量・難易度だと思いました。

 

受験勉強を続けてこれた時点で自慢できます。

 

本当にすごいね。

 

 

 

 

 

...。

 

 

 

 

 

いや、なんかね。皆すごいね。私立中学を受験するためにあれだけ勉強してるんだね。

 

それが辛かったって言ってる子もいたけど、今は楽しいって言ってくれてほっとしました。 

 

皆はできる子だよ。本当にすごいよ。誇っていいよ(笑)

 

 

 

あ、あと嬉しかったのはね、皆が受験生の彼女を応援してくれてた事かな😂😊

 

何かね、自分の子が成長してるのを見た親みたいな感覚?ほっこりしました。

 

いや別に老けてるのとちがうよ。誰ババアって思ったの(笑)

 

まあ、でも、ありがとうね。

 

心が洗われたよ~😊

 

 

 

 

 

というわけでこれからも手加減なしでいくからよろしく。

 

次は学年末だからね。はい。言わなくても分かるね。

 

 

 

「期待」していますよ。(笑)

 

 

 

 

 

まだまだ私立中学受験は続きます!!

 

最後の最後まで頑張ります!!

 

とことん悩みましょう!

突然ですが、これから出す問題を少し考えてみてください😄

 

4つの数字1,3,7,7をこの順番に1回ずつ使って足し算、引き算、掛け算、割り算のうち3種類を組み合わせることによって10を作りなさい。

(ヒント:カッコを使うのもアリです)

 

 皆さん、こんにちは!😊

 GO’s講師のやまざきです。初のGO’sブログで緊張(?)してますが、がんばって書いていきますので、なにかの合間にでも読んでいただけると嬉しいです。

 

 今回は、悩み事への向き合い方をメンタルの面からおはなししていきます。✎

 

 mental(メンタル)と聞くとなにか仰々しいことを想像してしまいますよね。

ヒトの心って複雑ですし、なんなら自分の気持ちがわからなくなることさえありますよね・・・

とてもわかりみが深いです(*^^*)

 

 人間の自我が形成されるのは思春期(青年期)といわれています。

中高生のみなさんは、まわりの人と自分を比べて自己嫌悪に陥ったことが一度はあると思います。

また、理想の自分とのギャップに困惑して絶望したこともあると思います。

かくいう私もそうでした😂

 

 そんなときに思い出してほしいのが、

 

 

 好きなだけ悩め!!!

 

 

ということです(乱暴)

悩んでることなんてどうやっても結論は出ないし、二択に迫られて選択したことも選択しなかったことも後悔します。だったら後になって「もうちょっと考えればよかった・・・」と思う前に、好きなだけ悩みましょう。

 

 また、友だちや家族、学校や塾の先生に話してみるのもかなりいいです。悩んでいるうちは思考が凝り固まっていきがちなので、他の人の意見はかなり自分の考えをクリアにしてくれます。

 

 私が指導させていただいている生徒さんには「解き方を人に説明する練習をしよう」と言うことがありますが、こういうときに役に立ちます。考えていることを人に説明するのって、考えを「言語化」して「論理的」な順序で話すということで意外と難しいんですよね。だから、入試に「小論文」って科目があるんですね。

 

 

あともう一つ、覚えておいてほしいことがあります。

 

 それは、「ポジティブな言葉を使おう」ということです。

 

具体的には、

「テストが終わるまでゲームしない」(ネガティブ)→「テストが終わったらゲームやるぞ」(ポジティブ)

「自分には一貫性がない」(ネガティブ)→「自分は状況に応じて臨機応変に対応できる」(ポジティブ)

みたいに置き換えることです。ネガティブな言葉は何も産まないので、ぜひともやってみてください。少し前向きになれる(気がする!?)。

 

 というわけで、今回は悩み事への向き合い方についてお話してきました。まとめると、

 

・悩み事にはとことん悩もう

 

・ポジティブな言葉を使おう

このあたりで、冒頭のパズルの正解を発表します!

正解は、

 

   (1 + 3 ÷ 7) × 7 = 10

 

でした!

道行く車のナンバープレートを見ながら、頭の中でモヤモヤ10を作る方法を考えてみるのもいいですね😁

 

 

 

 

文責:やまざき

医療系学部を志す受験生へ

この度、地元医療系大学放射線学科の一般公募制推薦入試を受験した高3生が、見事に合格を勝ち取ってくれました。

受験科目は小論文と英語の2科目で、わずか一カ月弱という短い指導期間でしたが、彼の指導を通じて改めて感じた、医療系学部を志す受験生にはぜひ備えてもらいたい「資質」について書きたいと思います。

私事ですが、私はこの8月に母を亡くしました。
母はとある指定難病にかかっており、闘病生活は10年近く続きました。
病の原因が特定されておらず、よって根本的な治療法が存在せず、長く続く決して好転することのない状況に家族一同滅入ることが多かったのですが、その際大変救いになってくれたのが、母の入院した病院の看護師の皆さんでした。

私の子どもが現在小学3年生なのですが、息子のここ数年間を見てきて、
この社会における3つの職業、
 ・幼稚園の先生
 ・小学校1~2年の担任の先生
そして、
 ・看護師
が社会で果たす役割の大きさを改めて痛感しています。

これらの職業の共通点は、それぞれの職業における専門知識や技能が必要であることはもちろん、接する「顧客」がそれぞれとても「繊細」であることがあります。

幼稚園の先生たちには、先生の言うことを聞かずに勝手に立ち歩いたり、おしっこうんこをもらしたり、(大人から見ると)少しのことでギャン泣きしたりというカオスな状況で、子どもたちに臨機応変に対応する力量が求められます。

小学校1~2年になると、いじめや不登校といった問題が表れ始めます。
幸い私の息子の担任の先生は力量のある方なので、そのような問題には直面していませんが、力量不足の先生が担任するクラスが学級崩壊状態に陥るケースがあることは言うまでもありません。

看護師の場合は、言うまでもなく患者のほとんどが身体のどこかに問題を抱えており、精神的にも辛い状況に置かれているケースが多いと思います。
同時に支える家族も、同様に落ち込んでいたり、神経が昂っている場合さえあります。

そして、「親」や「家族」との距離が近いのも3つの職業の特徴です。

私の小学校でも「モンスター化」した親がいるらしいことは妻から聞きますし、母の見舞いに行った際に、入院患者さんのご家族が「モンスター」に変身し、看護師に無理難題を要求している場面に遭遇したことがあります。
親御さんやご家族の希望に応えることはなかなか大変だと思います。

そう考えると、私は現在、教室で中学受験生と大学受験生を指導していますが、
彼らは「タフ」で分別もあるし、
親御さんとの距離も近いわけでなく、(ゴーズの仕組みとして、講師と親御さんが「管理者」を挟んで情報交換をするため)
「幼稚園の先生」、「小学校1~2年の担任の先生」そして「看護師」の皆さんのお仕事にはただただ頭が下がります。

私自身、母の見舞いに行き、少し落ち込んで病院を出ようとする折に、私に気づいた看護師の皆さんに声をかけていただき、何気ない話しかしないのですが、「よし、またがんばろう」と前向きな気持ちになれたことが何度もあります。

私は、これら3つの職業は「究極のサービス業」だと考えています。
それぞれの専門知識や技能はもちろんのこと、「顧客」「親」や「家族」ともコミュニケーションする能力が求められます。

「親」や「家族」がアプローチしてくるときは、それは子どもや患者に問題があると認識しているからこそアプローチしてくるケースが多くあります。
その際、「いろいろ不満を抱いていたけれど、やっぱりこの人に任せてみよう」と思わせるだけの力量と、自分の考えを相手に伝えるコミュニケーション能力が必要になります。

その点、今回指導した高3生は、このコミュニケーション能力の資質が十分すぎるぐらいにある生徒でした。
必ずや立派な医療人になれるだろうと確信できる生徒でした。

「究極のサービス業」に求められる資質は、「教師」にとっても必要な能力だと思います。
私自身まだまだですが、今回合格した高3生の器の大きさを参考にしていきたいと思います。

 

執筆者:山岸

0 コメント

ブログ参戦します

はじめまして

Go’sで講師をしている、ささきと申します。

 

まつばら先生がずっとブログを書いているのですが、有り難いことに「ささき先生は書かないんですか?!」

とのお声を頂いたようで、思わず参入してみました!!

 

僕は自分からはあまり行動を起こさないタイプ(怠惰なだけ)ですが、人から期待されるとつい張り切っちゃうタイプなんですよね!😁

 

思えば高校生のとき。

高3の始めまでろくに勉強をせず模試でE判定ばかりとっていた僕に、当時の担任の先生が言ってくれた言葉。

 

「ささきくんは天才だからねー。そのうち頑張るってわかってるよ」

 

何を根拠にそんな事を言っているのか一切わかりませんでしたが「なんかすごく期待されている、この期待に応えないわけにはいかない」と思い、勉強を始めたような記憶があります。

 

何か行動をする動機づけ(=モチベーション)って、他人の働きかけでどうにかするのはすごく難しいものです。

「努力しなさい」とか「このままじゃダメだ」とか言われて頑張れるなら誰も苦労はしません。

塾でも、生徒のモチベーションを上げることはすごく難しいですが、「(適度な)期待をしてあげる」ことはもしかしたら手段の1つかもしれませんね。

(もっとも、「あいつはどうせダメだ」とか思われていたほうが、かえって燃えるような「逆境○」みたいな人もいるので一概には言えませんが。)

 

 

さて、前置きが長くなりましたが、僕自身は初めての執筆なので、ブログの先輩まつばら先生をリスペクトして、過去の記事を読んだ感想()をすこし書こうかなと思います。つまり、便乗です!😊

 

わたしがやらかしたこと(前編)より

 

『自分が享受するべきではない楽しみは、本当に「楽しい」わけではない』

byまつばら

 

いや~、いい言葉ですね!!(いつかの自分に言ってもらいたいです…。)

これは決して、中高生の皆さんに「遊ぶな」と言っているわけではないですよ。

 

自分のやるべきこと(義務)から逃げていては、自分の好きなはずのこと(娯楽)も心から楽しめない。

裏を返すと、娯楽を最大限に楽しむためには、義務をしっかりと果たさなければいけないんですねー。

 

休み時間が恋しいのは、授業時間に頑張っているから

休日がうれしいのは、平日に汗水を垂らしているから

自分の好きなことをして楽しいのは、それがほんのひと時の息抜きだから

 

皆さんには、自分の好きなこと(遊び、部活、ゲームetc.)を心から楽しめるくらい勉強も頑張って欲しいですね!「「期待」」していますよ!

 

無理やりですがこんな感じでシメさせていただきます笑

 

書いていて思ったのは、何かブログのテーマのリクエストや、質問とかがあると助かりますね。

ぜひぜひリクエストなどお待ちしております!!😊

 

それでは。

 

執筆者:ささき

0 コメント

わたしがやらかしたこと(後編)

さあ!いよいよ後編です😆

 

罪悪感その他もろもろに耐えられなくなって一念発起した私ですが、その後どうなったか

 

 

まずは毎日文字通り、勉強しまくりました!!

部活から帰ってきたら、とりあえずその日の授業の復習をしていました。

自分は数学が苦手だと言うことは分かっていたので、数学にめちゃくちゃ時間をかけてました。

土日はそれぞれ5時間ずつくらい数学やってました!

で、分からないところは数学の先生に聞きまくってました!

めちゃくちゃ基礎から聞いてた!たとえば、長方形の角度が90°ってのがひらめかないレベルから。だから、先生からつめた~い目で眺められたことも(;))

当時は本当に部活と勉強しかしてません。

受験生だったから当然と言えば当然ですが。

勉強の仕方については、どこかでまた科目別のやつを話そうかなと思っています。

全体的な話については10月18日「勉強のやり方」を参照してください。

 

正直、やることが多すぎて、どこから手をつけたら正解なのか分からなかったです。

でも、とりあえず学校でもらった問題集を解きまくり、分からないところは色んな先生に聞きに行き、目の前の課題をこなす感じでやってました。夜は早めに寝て、朝練に備える感じです。夜は眠いんで。

 

そして、だんだんと自分に自信がついてきました😉

ここまで勉強した自分偉い!みたいな()

今までの悩みはなんだったんだろう、ってくらい、晴れやかな気持ちで毎日過ごしておりました。

遊ぶ時間を削ったはずなんだけど、心は軽やかなのね。

さらに、先生がめちゃくちゃ誉めてくださるようになりました。中三から頑張った口なので、もう本当に驚かれましたね。「最近めっちゃ頑張ってるね。どうした?」って言われたことも複数回あります。ちょっと失礼なくらい()

 

その後は上の方(どれくらいかは想像に任せます)順位を取り

それを継続し、最終的に高校受験の推薦をとり(本当は多分点数ギリギリだったと思うけど、進路の先生と担任の先生がめちゃくちゃ頑張ってくださった)、合格して今の母校に入りましたとさ。

 

正直、一年でここまで変わると思ってなかったから自分でも驚きました。(*´)

 

良かった良かった😊

 

やっぱり勉強からは逃げきれません。

どうしたって無理ですね、学生だもの。

それに、勉強してて皆から無条件にめちゃくちゃ褒められる時期って今だけですよ。

受験生です、とかテスト週間です、って言うと周りの大人が(例え初対面の人でも)応援してくれるでしょ。

そして、頑張っているのを見守ってくれる先生やお家の方が居てくれるのもすごく貴重です。

 

もちろんゴーズの先生たちも皆のことを応援してるからね!

Σd(´)

 

制服を着ることができるうちに、色んな失敗や成功を積み上げていってほしいです。

 

おしまい。

 

執筆者:まつばら 

わたしがやらかしたこと(前編)

朝晩は寒いですね...。起きるのが辛くなってきました。妖怪フトンカラデラレナイと闘っております ´ ` )

 

さて、期末試験が近づいてきましたね。

授業をしていても、「テストが近いので勉強を進めています!(進めなきゃと思っています!)」って言う子が増えてきているので、頼もしい限りです。

 

皆頑張りなさいねΣd(´)

 

そして、それに伴ってだんだんと自習室が活気づきつつあります。

これも嬉しい限りですな。

今年最後のテスト、良い点数を取って楽しいクリスマスやお正月を過ごそうではないか。

その方がよいであろう(*ω)

 

まぁ気合い入れて勉強するのってなかなか難しいよね。

だからこそ、頑張れるっていうのは素晴らしいことです。 

 

で、今日の話題は勉強における失敗談について。

今はこんなに偉そうにしている私ですが、勉強での失敗は数多ありました(今もありますけど())

今日はそれをみんなに話していくことで、自分と似てるなぁとか、そんな失敗をすることもあるんだぁ〜とか、、、とにかくなにかを感じてくれたら嬉しいです。

そして、願わくば私と同じ失敗はしないでね(((^_^;)

 

 

~中学生の時~

私は3年間、吹奏楽部に入っていました。

そこの先生が、まぁ部活動に関して熱心な方で、平日は毎日朝練(つまり5時くらいに起きる)、土日祝日は一日中練習があることが当たり前でした。

大会でも上位の常連校だったので、毎日部活動の練習に明け暮れておりました。今は部活動改革が行われている所もあるようですので、もしかしたら10年後位になったらもう朝練という言葉はなくなっているのかもしれないですね?()

 

そこで、私は部活にかこつけて勉強しない!!という状態になりました。

だって、部活って疲れるじゃないですか?練習自体もそうですけど、人間関係とかなんとか、、、色々あるよね。

ちなみに私は顧問の先生や先輩方と反りが合わなかったタイプの人間でした。

 

で、ストレスがたまるわけですね😅

そうすると勉強なんかしたくないわけです。だってめんどくさい。勉強なんて大嫌いでしたよ。

 

それでね、勉強をすべき時間にネットサーフィンやら読書やらをしておりました。

あとDS(ゲーム機)やったりアニメ見たりを、毎日!

ストレス発散ですね。

中学1年生の時はね、それでも頑張って勉強についていってたんですけども

2年生になったらね、先輩とコンクールに向けて合奏練習をするようになるんですが、怒られてばっかり。

後輩は可愛かったんですがね

で、ますます勉強から遠ざかっていきました。

毎日現実逃避してました、さすがにテスト前は勉強してたけど、それで大丈夫なはずなかったね。

 

そうするとね、どうなるか想像つきますね。

 

自己最低点&順位を叩き出しまして。これが2年生の夏休み明けの実力テスト。

 

終わった~~(゚ 三 ゚)

 

って思いました。

 

その頃からまぁ志望校は固めつつあって、しかも推薦入試で行きたかったわけです。

なぜか。当時は試験が面接だけだったから。そんな推薦入試は、内申点41(推薦の)校内ボーダーといわれておりました。つまり内申が41以上ないと学校に推薦してもらえない。更に試験の成績は確か3年の初めのテストから2学期の期末テストまでのが高校に送られたはずですが、そこで最低でも全部20位以内じゃないとだめ。(うちの中学校は一学年350人を越えるマンモス校でした)

 

終わった~~(゚ 三 ゚)(2回目)

 

そんなことを先生が保護者会で言うわけですよ。

ちなみに、当時の私の内申点は36辺り(これは成績が良かった訳ではなく、提出物とかをちゃんと出してたからです。皆も出しなさい())

成績はまぁ20位なんて雲の上だったと思ってもらえれば大丈夫です。

だからね、担任の先生には3年生で相当頑張らないと志望校に入るのは、「推薦どころか一般入試でも無理だ」と言われました。はっきりと。 

 

でも、志望校は諦めたくないわけです!!

近かったし。公立では一番頭が良いとこだったし。

 

それにね、学校というところでは、やっぱりどうしたって勉強できる子が尊敬されやすいじゃないですか。

当然ね、話が上手い子とか真面目な子とか体育できる子とかも尊敬されるけど。

でもやっぱり勉強しないと私は学生としてどうなんだ、「こんなにぬるま湯に浸かってていいのか?!」と思っていました。

自分も勉強できる子を尊敬してたからね。(いや、今もしてますけど。)

自分もあぁなりたいなぁと思ってました。

 

まぁ、つまりは勉強せずに遊んでると自分の精神衛生上も良くないわけです。

親はとやかく言いませんでしたが、自分が嫌でしたね。

でも楽だから、成績が下がっていくという現実から逃げよう逃げようとしていた。

今自分が享受すべきではない楽しみを味わっていたから、本当に「楽しい」わけではなかったんですね。(これ、伝わるかな~?ちょっと言葉にしづらいんだけどねぇ( ´-ω-))

一番大きいのは、現実逃避した後の罪悪感。

それに耐えられなかったですね。

逃げても良いという言い訳が自分のなかで思い浮かばなくなったし、周りの頑張ってる友人を見て悲しくなるんだ~(´TωT`)

成績が下がるとテンションも下がるし。

 

んで、一念発起、3年生から勉強しまくりました!!文字通り。

 

で、どうなったのかって話ですが、それはまた来週に持ち越しましょう。 

 

とりあえず皆は勉強しなさい。

というか、自分がやってて心から楽しいと思えることをしなさい。

周りに胸を張れる生き方をしてほしいです。

 

まぁ、すぐにじゃなくても大丈夫だけどね。

 

遊ぶのは大人になってからで全然間に合うから(* ´ ` *)

私は今、とても楽しく生きておりますことよ、ホホホホホッヽ(*´)

 

執筆者:まつばら

 

去年の今ごろ…。

中間テストが終わりましたね。皆本当にお疲れ様でした。秋を満喫して、冬の試験に備えてください。

え、あんまり疲れてないって?じゃあもっと力を入れて勉強してくださいな。期末も頑張ってねΣd(´)

テストが終わると「テスト返し週間」が始まりますね。教室中が阿鼻叫喚ですな。あ、皆はテスト結果に喜ぶ方の側でいてね。間違ってもその逆の方向にはいかないでくださいね?()

 

あとね、塾の自習室に皆が来なくてちょっと悲しいですね。何人かの子達は来てくれるのだけど。その子達はありがとう!先生たちは待っているよ(*´)

お家で勉強するのも良いことだけどさ、せっかくだからおいでよ~( ´-ω-)

 

さて今回のブログのタイトルは、「去年の今ごろ」としてあります。去年の今ごろ。何してたか覚えてる?

私は就職活動の真っ只中でした。まぁ大学生は半分社会人みたいなものですけど、本物の社会人になるための試験みたいなものですね。

皆は今「学生」でしょ?

だから勉強するのが本分だと思うんです。まぁ学校の勉強だけじゃなくてね、人との関わり方とか色々あるけど。

で、多分だけど学校の外の事についてはあんまり関心を持ちにくくないですか?例えばニュースもそうだし、世の中の仕組みとか。

 

何でこんなこと言ったかっていうとね、私自身、お恥ずかしながら就職活動を始めるまで社会のことについて全く知らなかったな、って思ったからなんです。ニュースは当然見てましたが、それだけじゃない。大学で研究はしていますが、全然それだけじゃ足りない。まだまだ知らなかった事がいっぱいありました。今もあります。

 

でね、何かに興味がある人は、それについてちょっと調べてみて。ゲームでも良いよ。

その代わり、ゲームの攻略方法とかじゃなくて、誰がどんな風にそのゲームを作っているのかとか、漫画が好きなら誰が漫画を出版しているのかとか、Wikipediaなどのネット情報だけではなく、図書館の本なんかも、ちょっと調べてたり考えたりするとよいかも。その中で、もし自分のやりたいことが見つかったら、そこに行くためにどうしたらよいのか逆算して考えれば、自ずと道は開けるのではないかと思っています。

 

まだまだ皆にとっては遠い未来の話だと思いますが、就職活動の時は、学生時代どう生きていたかが結構如実に顕れる気がします。取り繕えないんだよね、20数年間の生き方なんて。結局出ちゃうんですよ、良くも悪くも。

だからね、今の自分の生き方、毎日の過ごし方は、自分が後悔しないようなものにしてほしいと思います。

 

なんとなく過ごした時間も絶対無駄じゃないよ、無駄じゃないけど、なんか一つに集中、熱中した経験を持っている人は強いかな、って気がします。

 

まぁ焦ることないけどね( ´ ` )

 

 

今は余裕がある時期だと思うし、自分の今後について考えるのも良いかもしれません。去年と比べて成長した?

4月と比べてどうなった? 

それを踏まえて、今後どうなりたいのか考えて、今からでも実行していってくださいな(* ´ ` *)

 

応援してますよ~()()

 

執筆者:まつばら 

勉強のやり方

※画像は筆者まつばらのノート現物です

もうそろそろ中間テストが終わった人もいるでしょうか。

色々な結果が出たと思いますが、ひとまずお疲れ様でした😊

まだ試験終わってないよ、という人(金城や南山女子)は最後の追い込みを頑張ってくださいね。

頑張ればきっといい結果が返ってくるはず!!

 

そんなわけで今日のテーマは「勉強のやり方」についてです。

結構皆から質問をもらうことが多くて、やっぱり関心が高い事なんだなぁと思います。

一回やっても全然頭に残らない、解説を何度読み直しても意味が分からないとかね。

皆そうだよ~😲

やらなきゃいけないって分かってるんだけど、今の自分の状態で何したら良いのかわからない人、いると思います。

今回はそんな人たちに向けてのお話。

 

結論から先に言ってしまうと、やり方は、、、、人それぞれです!!(笑)。

苦手科目も生活リズムも違う人たちだもの、それは当然ですよね。

とはいえ、これだけは外せないポイントがあります。

 

毎日の時間ほとんどすべてを勉強にあてる

または/かつ

10分でも良いから集中する(五感の全てを問題に注ぎこむ)

 

これは外せない気がします。

つまり、

たくさんやるか、集中するか、しかないと思います

多分簡単なのはたくさんやることではないかな・・・

じゃあ、そのために何をすれば良いか!!

 

時間の使い方を見直す

→Time is Money.ですよ。

「受験やテストまであと何日あるか?」「それまでに何をすべきなのか?」を考える。

朝起きてから夜寝るまで、大体15~19時間くらい目が覚めてるでしょ?その中で自分が毎日どう生きているか一回書き出してごらん。

多分これをやると危機感がでるんじゃないかな?(゚ 三 ゚)

 

優先順位を決める

勉強は大事。でも学校は行かなきゃいけないし(学校の行事も大事だよ)、部活も大事。趣味もやりたいじゃない?全部ちゃんとやろうとしたら時間が足りないよね。じゃあ優先順位をつけよう。

特に、自分が一番やりたくないこと(例えば課題を丁寧にやるとか塾の宿題を終わらせるとか)を一番に終わらせて、余った時間で好きなことをやれば良いよ。

ちゃんと課題をやっていたらほとんど時間は余らないけどΣd(´)

 

今の自分がやりたいことと、今やるべきことって違うでしょ。来年、再来年の自分がどうなっていたいか。

どうせなら各科目で、あわよくば総合順位で学年1位とりたくないですかね?

夢は大きく大きく(* ´ ` *)

 

まぁ、色々と話したけど結局は自分でやるしかありません。

受験の時、テストの時、あなたの点数を上げてあげられるのはあなたしかいないの。

だって私たちが試験を受けたって仕方ないでしょ?満点とっちゃ・・・(*´)

 

でも不思議なのがね、勉強ってやればやるほど楽しくなるんだよ。

最初はきついけど、色々な知識が繋がっていく感覚があります。

本当に楽しくなる、気がします。

与えられている問題集をやるだけじゃなくて、興味をもって調べながらやったら、もっと楽しくなるんじゃないかな。

あとは、周りの天才の真似をするとか。

 

今日ちょっとめちゃくちゃ良いこと書いてないですか!!素晴らしいねッ!!😋(自画自賛)

 

他の先生たちにも勉強の仕方、聞いてみたいな~。

皆ちょっと授業の前とか聞いてみてくださいよ!!

そんでわたしにもその勉強のやり方、教えて😊

 

執筆者:まつばら 

身近な言葉への興味について

今週頭からずっと、ニュースなどで台風の勢力の大きさ・被害が報道されていました。

ここ数年、このあたりは目立った災害もなく、今回の台風についても大きな被害をもたらさずに去ってくれたので、すこしほっとしています。

 

しかし、油断しているとくるのが天災というものです。地震とかもそうですね。

先月の防災の日(いつか知ってる?知らなかったら調べてみてね)に、某百貨店のテナントで防災グッズをみていたら本当に色々なものが置いてありました。

日頃の準備が大切だと実感しました。それは勉強も同じだよ?(゚ 三 ゚)

 

テスト後に避難訓練を行う所もあるかと思います。

あれはテスト後の息抜きとか校長先生のお話をのんびり聞く所とかじゃないですからね()

本当に災害に遭った時に、どう自分たちの命を守るかを実践する場です。

というわけで、皆真剣に参加するように。くれぐれもふざけて参加して先生に怒られないでね(笑)(ちなみに私は前に並んでいた友人の上靴をふんづけて転ばせてしまったことがあります。怪我はさせませんでしたがその子にすっっごく怒られました( ・-・)申し訳なかった ...。)

 

そういえば、皆さんは台風についてどれくらい知っていますか?

ちょっときいてみましょうか。

 

2019年、最初の台風が発生したのはいつ?

「台風」という名前の由来は?

台風には11つ名前がつけられていますが、どのようにしてつけられている?

台風を英語で表現すると?

では、古典の世界では何という?

台風の寿命は何日くらい?

 

 

 

 

 

⑤は分かってほしいな!特に高校生~。古典常識だよ~(笑)。

 

はい、じゃあ答え合わせしまーす。

① は11日です。思ったより早い・・・。

②は中国語の「颱」と英語の typhoon の音をとったもので、一般に使われるようになったのは大正時代から。

③台風委員会が予め用意した140個の名前をくり返してつけています。

④ これは分かるね~?分からなかった人、調べよっか(笑)

⑤ これもね、多分古典(国語)の教科書に載ってます。見てね。

一応、ゴーズのツイッターにも答えを載せました。 あと、左図は源氏物語https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E5%88%86_(%E6%BA%90%E6%B0%8F%E7%89%A9%E8%AA%9E) https://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/378121 文化遺産オンラインからの引用

⑥平均して5日だそうです。思ったより薄命...

 

こうやって調べてみると案外面白いことがでてくるでしょ?

それにね、こういう教科書に載っていない知識って、意外なところで役立ったりします。

私の場合、たまたま観ていたテレビの内容が翌日の模試の英語長文に出てきたりしたことが何度かあります。

 

英語とか国語もそうですが、文章の内容に関してある程度知識があった方が読みやすいことが多い気がします。だからって絶対調べなさいという訳ではないですが()

でも、何がいつ役立つかは本当に分かりません。気になったことがあれば皆も調べてみてね。スマホはそのためにもあるのよ~(*´・∀・)

ゲームとかラインとかしまくるんじゃないわよ~(・д・)

 

今回はこの辺で!また来週もお楽しみに~😊

 

出典

①日本気象協会HP (2019年1月1日)

②日本大百科全書(ニッポニカ)

気象庁 HP

※④省略

※⑤省略

同上

 

執筆者:まつばら

講師ブログ、はじめました(^o^)

皆さん、こんにちは。

ゴーズで講師をしております、まつばらと申します。

これからしばらくの間、ブログの執筆を担当致します。

 

宜しくお願い致します!!(≧∇≦)b

 

 

 

10月になりました。

だんだんと日暮れが早くなってきて、秋を感じるようになりましたね。

「秋」といえば「スポーツ」「芸術」等々ありますが、やはり学生にとって一番大切なのは「勉強の秋」です。(少し耳が痛い、かな?(笑))

一部の中学・高校では既に中間テストは終わっていますね、お疲れ様でした。

テスト結果に一喜一憂してしまうかもしれませんが、それはほどほどに😉

 

間違えた問題を復習し、自分の力とすることが大切です。次の期末試験に向けて頑張って下さい。

また、ほとんどの中学・高校ではこれから中間テストですね。

塾で自習する子も増えてきて、だんだんと塾全体が試験モードになっています。

 

ここで!!ゴーズについてあまり詳しくは知らないという方のために塾のことをご紹介します。

 

まず、授業形態は1対1の個別指導のみで、主に2階で行われています。1階では1つだけ授業が行われていて、みんな自習をしています。

ゴーズで教えていて思うのですが、実は、、、自習室でおしゃべりをする子がいないです。

 

皆、黙々とに課題と向き合っています。えらいぞ!😆

学習する雰囲気ができているからか、みんな真面目に勉強に取り組んでいます。

 

次に、講師と生徒さんとの距離が近くて、働いていて楽しいです!

授業をする前後の時間には仲良く歓談もします。

学校での話や趣味の話を振ると(時には授業よりも!?)目を輝かせて話してくれる子もいて、こちらも楽しくさせてもらっています🤗

また、「前のテストよりも順位が上がった!」と聞くと「頑張ったなぁ!」と思うし、逆に思い通りいかなかった場合は、改善点を見つけねば!!💦とこちらも気が引き締まります。

 

最後に、彼ら、彼女らが勉学に励んでいる姿勢を見て、私も学ぶことが多いと日々感じています。

宿題を多めに出したかと心配してもちゃんとやってきてくれるし、確認テストをすると伝えるとちゃんと勉強して備えてきてくれるし!私より年下の子たちに毎日良い刺激をもらっています。(だからこれからもちゃんと宿題やってくるんだよ!(笑))というように、毎日明るく授業をしています。

 生徒の皆さんも私たちとの授業を通して勉強に愉しさを見出してくれたら嬉しいです😊

2017冬期講習

◉学習塾Go'sの冬期講習について

冬期講習は徹底した個別化によってデザインされた内容で、効率よく、効果的に行います。

 

学習目的/志望校、現在の学力、身につけたい学力、得意科目、不得意科目、使用テキスト、生活スタイル、学習スタイル、個々の性格や特性など、あらゆる側面からカリキュラム、回数、テキスト、目標を個別に設定/作成して実施していきます。

 

そのため、同学年であっても、個々で異なる冬期講習となります。

 

冬期講習設定にあたっては、ご家庭との話し合いの中で、最適な学習カリキュラムをデザインし、ご提案していきます。

◉個別化された学習と授業について

集団での学習ではまかないきれない部分や、見えにくい部分へ光を当て、改善点を見出しつつ、長所はよりいっそう伸びるように進めていきます。

 


個別にデザインされた冬期講習だからこそ、個々の目標に合わせて学習を向上させていくことができます。

 


授業の形態は個別ブースにて一対一での授業となり、授業時間中、講師が他の生徒を指導したり教えたりすることはありません。

◉自学習について

授業前とあとで自学習を推奨しています。


 

事前学習では自ら問題に取り組むことで自分ができるもの、できないものを把握する「メタ認知」を鍛えます。

 

また、できる部分とできない部分を踏まえて授業を実施するため、効率良く、効果的な授業を実施できます。

 


授業後の学習(復習)では授業内容の定着を図ります。

 

「エビングハウスの忘却曲線」に従って、定期的な復習を課すことで、学習効果を上げます。


ダウンロード
2017冬期講習パンフレット.pdf
PDFファイル 1.2 MB

2017定期試験の終わった生徒たちの結果


◉春日丘中学の生徒たちの定期試験結果

ゴーズは個別指導ですので、私立中学の特別なカリキュラムや生徒個々の個性を踏まえた指導に長けています。

 

今回の啓明コースの中学生の成績は夏前からいる生徒たちは全員成績を上げているか、10番以内をキープしていました。

 

ジャンプアップ賞も2名いました。

 

 

これから期末テスト・冬休み明け課題テスト・学年末テストと3つのテストが控えていますが、これらにおいても上昇、あるいは上位キープするよう、学習をサポートしていきます。


◉公立中学の生徒たちの定期試験結果

南城中、志段味中、吉根中などの生徒たちが健闘しています。

 

入ったばかりの子もいますが、上昇しています。

 

上手に自習室を利用し、自学を進めているため、これからもどんどん成績を上げていくように感じます。

 

 


定期試験期間中の学習塾Go'sの様子はVLOGを御覧くださいませ。

 

授業は生徒とのマッチングを考えて講師をくみ、なおかつ生徒の学校内容を熟知した担当講師が行っています。

 

とはいうものの、成績向上の秘訣は生徒たち自身の自学習ではないかと思います。

2017夏期講習をおえて

夏期講習を以下4つの項目について振り返ってみます。

①私立・公立高校生の学習

②中学受験:弱点克服

③私立中学生の夏休みの学習

④公立中学生の夏休みの学習


①私立・公立高校生の学習

この夏、高校生へは志望校をふまえ、以下の過去問演習やそれに見合う学習指導を行いました。

センター試験/名古屋大学/神戸大学/早慶・march・関関同立・南山・東京理科など

 

さて大学受験を控えた高3はこの夏、みんな大変だったとおもいます。

上記にある大学の過去問をこなしたり、自身の弱点補強へ焦点を当てたりと様々な形をとっておりました。

個別指導なので生徒の学びたい科目や単元、また学習状況と志望校を踏まえて授業を組み立てていきました。

そして全体での学習をするのは学校や大手の塾に行けば間に合うため、そこではまかないきれない部分や消化不良の部分を指導してきました。

今後も個々の状況に合わせた学習ができるように進めていきます。

 

高1・2には上記の過去問やセンターの問題を積極的に取り組んでもらいました。

この先にどういった問題が待ち構えているかを知り、自分の課題を明確にして進めていくためですが、結構できている生徒もいたり、打ちのめされている生徒もいましたが、これからまだ時間はあるため、しっかり頑張っていけるといいです。

②中学受験:弱点克服

今年の夏期講習は小3~小6が受講しました。

 

ゴーズは個別指導であるため、カリキュラムや授業内容はその生徒の状況や目標に合わせて様々なものとなります。今回多かったのが、弱点克服です。

できない問題、というのは大体表面的なことで、本当は、生徒が気づかないうちに「できないやり方/間違いやすいやり方」をしていることが原因です。学習の仕方や取り組み方、手順などの行動を、その子にとって最適なものへと調整していきました。

 

すでに夏の仕上げテスト結果がでて成果を出している生徒もいますし、これから仕上げテストを受験する生徒もいます。

 

少し前は中学受験について、とにかく偏差値の高い学校がよい、という考えのご父母が多かったのですが、近年は「わが子にあった学校」を選ぶご父母が増えているように感じます。「苦しい受験勉強」ではなく自分にあった努力を重ね、自分にあった学校へ入学することを望んでいる方が多いのだとおもいます。今後、大勢で学習することも大切ですが、個々の状況や目標に合わせた学習ができるよう、個別での対応によって生徒・ご家庭が納得の行く合格を収められるよう指導していきます。

③私立中学生の夏休みの学習

今年受験を終えた中1は楽しそうでした。

授業の時に、どんなふうに友だちと遊んでいるか、また学校の学習合宿がどうだったか、という話を聞くことが多かったです。

また、中2中3は宿題の多さを嘆いていましたが、それぞれ休み明けのテストを意識して進めていたように思います。

 

春日丘中については8月後半に課題テストがあり、在籍する生徒たちは全員成績が上がっていました。最高だと2位であったり、順位を20位以上あげたりしていました。とくに安心したのが全員全体の5割以内に入っているということです。今後の学習を丁寧にすすめることで高校時点で順位が1~2割くらいにいると、大学受験のときに(2020年に入試改革ありますが)学習がスムーズに進みます。

 

それ以外の私立中学(東海・南女・淑徳・名古屋・南男・愛知・金城・椙山など)は9月頭が課題テスト・実力テストだったため、多くが8月末に自習室へこもっていました。これから結果がでるので楽しみです。

④公立中学生の夏休みの学習

公立中学生たちはとにかく部活が忙しそうでした。

現在は南城・志段味・吉根の生徒たちが通ってきています。

個別指導なので、個々の生活スタイルや学習状況に合わせたカリキュラムで進めています。

みんな来れるときは自習室へ通い、ゴーズからの夏の課題をしっかりこなしていきました。

休み明けテストは終わったばかりですが、良い結果になっているといいです。

2017期末試験

まだ定期試験期間の学校がありますが、大方の学校で定期試験が終了し、結果が出始めました。

 

中1は2回めの定期試験で、全員前回よりも成績をあげてきました。

 

学年2位の生徒をはじめ、多くは10番以上順位を上げています。 春日丘をはじめとして名古屋、愛知、東海、南山女子などの生徒たちが各自の目標に向けて取り組めているから結果が出ているんだな、と感じます。

学習塾Go'sの2017夏期講習

夏の学習を個別化して行います。

私立中学受験をする生徒にとっては大きな休みは学習をメンテナンスする最大のチャンスです。また、飛躍的に成績を伸ばすことも可能です。ゴーズでは個別化した指導やカリキュラムでそれぞれの目標達成へ向けて指導をしていきます。

 

また私立中学生においては1学期中の学習を振り返り、2学期からの学習でよりよいスタートがきれるよう、個々の学習状況や生活リズムに合わせた夏期講習をデザインしていきます。

 

私立高校性はすでに大学入試の問題へ取り掛かっていくことも視野に入れて個別化したカリキュラムで夏期講習を組んでいきます。

ダウンロード
2017夏期講習パンフレット.pdf
PDFファイル 654.1 KB

2017 1学期中間テスト

中学1年生ははじめての中間テストが終わった頃かと思います。
私立中学では入学試験から3~4ヶ月ぶりの本格的なテストで、生徒たちも緊張感をもって臨んだのではないかと思います。

ゴーズでは中学受験時から通っている生徒たちがよく頑張っていました。
まだ結果は出揃っていませんが、春日丘中啓明コースでは学年で5位以内に入る子もいました。

中学受験後、自分自身の目標へ向けて、学習面への意識を高く持って取り組んでいる姿はとても素晴らしいです。 これから各中学・高校のテスト結果が出てくると思います。

次の期末テストでも良い結果を残して、気持ちよく夏休みを迎えられるといいな、と思います。

学習塾Go's、5年目へ突入!

5月5日で学習塾Go'sもまる4年が経ち、5年目へ突入しました!

 

多くの生徒達と保護者の方々に支えられていることに感謝しております。

今後も、もっと学習を効率良く、効果的に行えるよう、塾をアップデートしていきます。

 

2017年度は大学受験への本格参入することとなります。

春日井・守山区在住の生徒たちを中心に、中学受験から大学受験までを長期的に指導していきます。

新しいメンバーが加わったため、講師紹介ページも刷新いたしました。

 

今年も、前進あるのみ。

GO!GO!GO!

0 コメント

2017入塾キャンペーン

ダウンロード
201704学習塾Go'sチラシ.pdf
PDFファイル 2.9 MB

2017 公立高校 受験結果

今年はゴーズから3名が公立高校受験をし、以下の結果を収めました。

・向陽高校 1名

・春日井高校 1名

・春日井南高校 1名

 

もともと学習へのポジティブな姿勢が強い生徒たちで、自ら学習へ取り組んでいました。

夏や冬の講習では長い自習時間もすごい集中力と粘り強さで頑張り抜きました。

最終的には全員、入塾前と比べ内申点もアップし、模試結果でも上昇し続け、しっかりと実力を身につけていました。

 

これからは、高校生ライフを楽しみながらも、それぞれの目標へ向け、再びスタートを切ってくことと思います。

大学受験でもきっと良い結果を収めていくと思います。

これからも、Go!Go!Go!

2017 大学受験結果

今年、学習塾Go'sではじめての大学受験がありました。

受験者は1名で第一志望校である名古屋外語大学へ合格しました!!

夏からの通塾で、苦しい時期もありました。

しかし講師たちの導きや本人の粘り強さで最後まで頑張り抜きました。

 

Go'sでは今後も、ひとりひとりの目標に対してそれを達成するために授業をし、導き、サポートしていきます。

【2016年度 私立中学受験と私立高校受験を終えて】

以下に学習塾Go'sでの2016年度における私立中学受験と私立高校受験で合格を勝ち取った学校を掲載いたします。

それぞれの志望校へ向けて頑張った結果で、どれも価値のあるものです。

私立中学受験

愛知中学

多治見西中学

帝京可児中学

名古屋中学

名古屋国際中学

春日丘中学


私立高校受験

春日丘高校 啓明コース
春日丘高校 特進コース
春日丘高校 進学コース
中京高校

至学館高校 

※五十音順

(合格者数はお尋ねください)

中学受験は大変です。
どの受験も大変ですが、中学受験は一種特別な大変さがあります。
しかし、その大変な受験を通じ、生徒たちは多くを学んでいったと思います。
とくに、学習の大切さや大変さを学んだと思います。
また、学習以外で多くの人が関わっていることも感じたと思います。
これからは中学生活の中で、この経験を活かして頑張っていくことを願っています。
去年もそうでしたが、受験後も通塾を続けている生徒が何名もいます。
これは中学受験を通じて、生徒たちが塾での学習をプラスにとらえている証拠かなと考え、とても嬉しく感じております。今後も生徒たちが頑張っていけるようサポートしていきます。 

【中学受験:入試直前-対策講座】

◉志望校合格へ向け、パーソナライズ(個人に特化)された講座です。

→カリキュラム・テキスト・授業回数は学習状況と志望校に合わせて作成します。

→ダブルスクールをする場合、メインの塾のカリキュラムを踏まえた上で受験日までを逆算し、学習塾Go’sがどう関わるかを提案していきます。

→苦手科目や苦手単元の学習がほんとうに必要かどうか、志望校の出題傾向に合わせて取捨選択して指導します。

→得意科目や得意単元の学習がほんとうに必要かどうか、志望校の出題傾向に合わせて取捨選択して指導します。

→現時点で最低合格ラインを上回っているか下回っているかで授業数や指導内容、使用テキストを作成・選定していきます。

→学習に本気で取り組めなかったり、一人だと学習できなかったりする場合、授業という形をとって、講師がずっとそばで学習をサポートします。

→復習をしっかりしなかったり、宿題を疎かにしている場合は、その必要性を仕訳した上で、必要な学習を抽出して、学習のサポートをします。

→受講について:小6で現在塾へ通っている場合は入塾金10,000円(2017年1月末日まで)。テキストは必要に応じて購入。

東海地区での本格的な中学受験がスタートするまで、1ヶ月ほどとなりました。

集団指導の塾において、すでに合格への判定が十分である場合は、そのカリキュラムに従い、モチベーションと体調の管理をしっかりしていくことが大切です。

一方、合格判定が不充分な場合で、かつ集団指導塾へ通っている場合は、お家の方が「このままでよいのだろうか」という不安を抱えているケースが多く見られます。また、塾を個別にしたい、あるいは個別(家庭教師)も取り入れたい、という方でそれを実行できない方は以下のような点で迷っているようです。

 

・今まで通った塾を移るのが不安

・今まで教えてくれた先生たちに対して申し訳ない

・新しい塾がどんなものかよくわからない

・調べるのに手間がかかる

 

たとえば大きな船に乗っていることは安心・安定を感じます。

しかし、集団塾の大きさが安心感につながるのは、すでに合格判定が十分でている場合ではないでしょうか。実際に受験を戦うのはお子様一人ひとりです。塾の大きさは関係が無くなってしまいます。

集団指導の塾ではカリキュラムが定まっている強みがある反面、それがお子様の問題点解決と志望校合格に直結しているか、ちゃんと問題点へフォーカスした指導をしているかというと、それは全てではないと思います。集団指導の授業は多くの人に効果的かもしれませんが、「個人」に対していつでも「最も効果的」であるとはいえません。(上図)

 

中学受験において、家族や講師の支え、一緒に受験を目指す仲間の存在は大切です。しかし最後は個人の頑張りと得点力が合格を決めていきます。

ここでおうちの人が考えておくべきことは3つあります。

 

①お子様が自分では「認識していな問題点」を明確にし、解決が必要かどうか判断する。

②上記問題点の解決が必要なら、情報を集め、解決への行動へ導く。

③解決が間に合わない場合も考慮し、プランA、プランBなど別の道を考えておく。

 

受験直前での環境の変化は不安を招きます。

しかし不安に立ち止まっていたら可能性は開けません。

もし現状の判定が思わしくない場合は問題点が何かを明確にする必要があります。 そして、問題解決の必要性があるかどうかを判断し、学習環境を変えるのであれば、そのための行動を起こします。そして第二志望、第三志望の可能性を冷静に見つめておく必要があります。確かに、志望校一択ということが心理的に緊張感を保つのに有効ではあります。しかし、現状を冷静に分析して、別の選択肢を用意しておくことも大切ではないでしょうか。

 

もし、いままでやってきて、合格に必要な学力が身に付いていると感じられないのであれば、何かを変える必要があるのかもしれません。

2016冬期講習:pro-English!!

Do you know "osmo"?

学習塾Go'sではこの冬から、「pro-English」という講座を新しくスタートします。

osmoというプログラミング教材を利用して、英会話をします。

 

英語に親しみながら、プログラミングの基礎を楽しく学べます。

 

難しいそう?

 

そんなことありません(^^)

osmoが学習を楽しくしてくれます。

2016冬期講習

GO'Sの冬期講習、募集開始は12/1(木)15時からです。

冬期講習では各講座少人数制のため、生徒人数が7名に達した時点で募集が終了となります。

締切:12/23 12:00

  

◉中学受験コース

 小3〜小5

 少人数制授業

◉高校受験コース

 小6〜中3

 少人数制授業+難関校志望者対象

◉"pro-English"開校! プログラミングと英会話のハイブリット授業です。

 小1〜小6

◉個別指導

 小学生〜高校生

 ※今回募集は5名まで

週末テストとテスト対策

小6は毎週末、土曜か日曜で確認テストを行い、午後からは解説授業とテスト直しをしています。

また、中学生・高校生は定期試験の勉強をしたり、大学入試へ向け勉強をしたりしています。

 

質問対応の講師が在室しているので、各自の課題に合わせて学習をすすめています。

1人では進めにくい科目や、単元は少しサポートしてあげたほうが進むようです。

 

適度に手をかけ、また、手を離して勉強のやり方を自ら学んでいってもらいたいです。

2016夏の総仕上げ

【中学受験の6年生】

この夏は朝10時から夜20時まで、休憩をいれつつ自学習を徹底していきました。

総仕上げテストでは各自、自己採点をして出来具合をみて、それぞれの成長を確認しました。

 

1年前は自学習(self-learning)が全くうまくできず、無意味な時間を過ごすこともありました。

しかし、今では自分で目的意識を持って学習できるようになってきています。

自分の目的にそって動画を視聴し、授業でわからない部分をチェックしています。

そして徐々に点数が伸びています。

 

得点が上がっていく時期は、能動的な学習ができるようになってから、タイムラグがありました。

春先、まったく成果が出ず、挫けそうな時もありましたが、ここ最近、徐々に得点として結果を残せるようになってきた、という感じがあります。

 

今の小6生をみていると、現在の学習状況へいたるまでに、無意味な、効率の悪い学習時期を経ていかなければ、現在の自学習へは辿りつけなかったのかな、と感じました。うまく学習できない時期を経験してこそ、効率良い学習方法や、意味のある学習の仕方を学んでいくのだと思います。そして、自分で学習する力がついてきたように感じます。

 

彼らを見ていて思うのは、きっと中学生になっても能動的に学習は出来るのではないかな、ということです。

 

小学生への指導については、授業で教え、それ以外でもサポートしていきますが、「手をかけない(かけすぎない)」ということが、長期的に見るとその子を成長させることにつながると実感しました。

 

【中高生】

すでに課題テストを終えている春日丘中の生徒は期末テストと比べ、30位以上も順位を上げ、すべての科目において向上していました。努力が実ったように思います。

 

 

これから課題テストがある生徒たちは現在、追い込みにかかっています。 

受験がない生徒はどうしても学習に目的を見出しにくく、うまく進められていないのかな、という印象があります。

ただ、こうして努力していくことが、今後の糧となっていくことを学んでもらいたいです。

実際、上記の生徒は学習した成果が出たことでやる気がアップしたようで、テスト後も自主的に自習室で2学期への学習をしています。

納得のいく結果を得ることで、今後の学習へ拍車をかけていけたらいいと思います。

 

一方、受験生については印象が異なります。

どこまでやっても満足いく学習を実感できないのではないかな、と思います。

焦燥感、自己嫌悪、意味の分からない無力感・無意味な感じに苛まれることもあると思います。

しかし、これもまた自分を成長させる大切な試練です。

その中で、24時間で出来ることが限られていることや、やることを決めて学習をはじめないと、一日終って、得られたものが何なのかわからない、ということを経験し、痛感して、自分の学習をアップデートしてかないといけません。

 

【まとめ】

学習塾Go'sには小学生〜高校3年生まで在籍しています。

総じて感じるのは自学習(self-learning)が出来るようになってくると学習の成果が徐々に出てくる、ということです。

そのために、各自のモチベーションに訴えかけるような仕掛けと、自学習できる環境をつくっていくことが大切だと考えております。

 

モチベーションが下がりすぎていれば、寄り添って徐々に上げていき、モチベーションを上げたがっている生徒には扇動するような声をかけていきます。

 

学習への原動力となる「やる気」を上げ、自学習の質を高める、この2つが学習を向上させる大切なポイントだと思います。

学習塾Go'sの生徒の成績

まず、中高生が定期試験で成績表を出し始めています。

中間テスト・期末テストとうるさく学習を促していませんが、みんな成績が上がってきています。

中高生には、なるべく学習に「能動的に」向かえるようにし、正しい学習法とモチベーションを与えてあげることが成績アップには絶対必要です。

もし学習へ向かう態度が受動的であれば、一時的には良いかもしれませんが、長期的(人生レベルの尺度で見た時)に考えると良い結果にはならないのではないかと思います。

 

また、中学受験の生徒たちも、成績を上げてきています。

小学生は宿題をわすれたり授業に集中できなかったりと完璧ではないけれど、彼らの良い面を評価し、修正点は修正点として伝え、その先に成長があることを示していくことで合格への軌道へ乗ってきています。

 

精神論や根性論ではなく、正しい学習法=認知心理学を利用した記憶の方法や、モチベーション=学習意欲のデザインなど、あたらしい教育法の知見を現場レベルで実践していることが成果につながっているように感じます。

この夏も自己テストと分散学習で生徒たちの学習をサポートしていきます。

 

【お知らせ】

学習塾Go'sでは夏期講習として8月1日〜8月31日まで以下の日時で開校します。

開校時間 10-20時(土日は16時終了)

火曜日定休 ※お盆休み13−14日

 

0 コメント

定期試験結果と今後の塾のスタイルについて

定期試験の結果はまだ出揃っていませんが、名古屋中の生徒が数学で学年1位でした。100点ではないため、簡単なテストではないと思います。他の学校の生徒がどのような結果だったか、これから連絡が来ると思いますが、とても楽しみです。そして、明日からは金城学院の定期試験がスタートします。

 

今回のテスト対策を振り返りますと、私立中高一貫校の生徒たち(中1〜高1)が自身のノートPCを塾へもってきて、evernoteなどのアプリを使用したり、動画を視聴し知識の抜けを補強したりして学習していました。

たとえば、中1の生徒は初めての定期試験にもかかわらず、PCで自作の単語帳を作っていました!また塾側もエバーノートで単語やチェック事項をつくって学習管理を行っておりました。

 

次回の定期試験時は生徒一人ひとりがより効率よく学習するためのPCやアプリを導入し、リマインド、スケジュール管理、作問を生徒自身が行うことで、生徒個々にあわせた定期試験対策を実現していきます。

 

また、公立中学の生徒たちにはweb上にある動画を視聴することで反転授業を進めています。中3の学力上位層なら、反転授業を上手に利用して負担を軽減しつつ9月までに中3内容を終えることが可能です。9月以降は入試対策とし、学校ではすでに習った内容の復習にすすめるよう、個々に合わせたスペシャルなカリキュラムを組んでいきます。

 

以上のように今後、学習塾Go'sでは来るべき大学入試改革や教育現場のIT化へ先駆け、デジタルディバイスの利用を促進し、認知心理学の知見を踏まえて、学習技術を生徒たちへ伝授していきます。

中高生の学習については近いうちにAIやビッグデータの活用で、個々の学力について個々の特性の把握がより進むはずです。それはAIを利用して個人に最適な治療法を受けるという医療分野での将来像に似ていると思います。また、時間と場所を選ばずに学習をすることができるようになってきますし、ウェブ上には指導力の高い講師たちの動画があふれることでしょう。この流れを捉え、生徒たちが情報に流されるのではなく、情報を利用して、より早く、よりよい学習技術をみにつけ、未来を切り開く力を身につけられるよう、サポートしていきます。

 

今後、学習塾は学習を教える場所から個々の目標に対して学習をマネジメントする場所へ変わっていくはずです。

 

Go'sでは学習を教えていくだけの塾ではなく、ネットネイティブ世代にとって、効率よく学べ、かつ効果的でワクワクするような新しい学習法を提案していきます。

課外授業のご案内@Apple Store, Nagoya Sakae

6/12日曜日(am10:30 - am11:30)にApple Store, Nagoya Sakaeにおいて課外授業を行う予定です。当日はiPadを使ったMovieの制作をします。定員12名まで受付いたしますので、参加ご希望の生徒はお早めにお問い合わせください。お持ちのiPadがあればぜひご持参ください。

 

Field Tripのプログラムアウトライン紹介

http://www.apple.com/jp/retail/fieldtrip/

 

 

お問い合わせ、お申し込みは川合までお願いします。


英単語の暗記法

〜認知心理学からのアプローチ〜

 

今日のイベント「英単語の暗記法[認知心理学からのアプローチ]」では、「学習」について認知心理学からの視点で「暗記」について最適な学習法を提案しました。

また、名大医学部医学科の講師の「自己テスト」を利用した学習
法や、南山大英米科の講師が実践している1週間で150単語覚える方法、難解な英単語を覚える手法を紹介しました。

「学習法」は最終的には個々の生徒たちが様々な角度から考え、自分にあったやり方を探さなくてはなりません。というのも、その時の知識量や、個々の性格・性質にもよるからです。今回のイベントでは様々な学習法を提示したので、その中から自分にあった学習法を見出していってもらえたらと思います。

そして、現代の子供たちはnet native世代なので、それに見合った学習法も提案していきました。デジタルデバイスを有効活用し、より効率よく学習を進めていってもらえたらと思います。

中学受験の生徒がすごい勢いで成績を伸ばしています!

11月から通塾している中学受験をする小6の生徒の成績がすごい勢いで伸びています。

おそらく、偏差値で言うと15くらいは伸びています。

「おそらく」というのは志望校合格へ必要なことを選択・集中して教えているため、このような表現になります。

(模試によって母数が違ったり、偏差値が出ていなかったりしますしね)

10月末の模試で合格可能性が20%だったところから11月末の模試で50%になっています。

得点力としては70点以上増えています。

ほとんどの科目で10点〜20点増加しています。

生徒の表情も、どんどん精悍になっていて、自宅でも自ら早起きして頑張っているそうです。

学習の予定も自ら立てて、計画的に学習をする、という意識が出てきています。

質問もどんどんしてきます。

実力がアップするに従って、自信をつけてきています。

越えなければいけない壁があるけれど、毎日教えていて、一歩一歩合格へ近づいている、という実感があります。


この時期、集団授業で偏差値が伸びず、「このままでいいのだろうか」という不安を抱いている生徒たちやご家庭は少なくないのではないでしょうか。

これは私の個人的な考えですが、状況を打開するためには行動するしか無いと考えていおります。

具体的には、生徒の学習状況と志望校の出題傾向に合わせて、学習内容を選択・集中し、徹底的な学習管理をして行きます。

それ以外にも、早く、正確に、決意をもって進めていかなければならないことがたくさんあります。

限られた時間の中で、合格を勝ち取るため、一瞬も気が抜けない時期になってきました。

とにかく、ひたすら頑張ることに尽きますが、それ以外、何もないです。



GO!GO!GO!

定期試験対策について

11月中旬から続いている定期試験対策が、大詰めを迎えつつあります。

今週、多くの学校が定期試験となり、これを乗り越えると冬休みがやってきます。


やみくもに頑張るのもいいと思いますが、目標をもって、それを意識してテストに臨んでいってもらいたいな、と思います。


GO!GO!GO!

学習イベント実施のご案内

左記の内容で、中学1年生向けの学習イベントを行います。(PDFは下)


このイベントでは、中2以降の定期試験で、自立した学習を進めるためにはどうやっていくと良いか、ということを伝えます。


失敗を糧とし、常に向上していくためには試験前と試験後の取り組みが大切になります。


イベントの内容は生徒向けのものですが、保護者様もご参加できます。


また、塾生以外の方も学習塾Go'sがどのような塾かを知っていただく良い機会となりますので、お気軽にお申し込みください。



ダウンロード
20151114学習イベント.pdf
PDFファイル 55.2 KB

中学受験の国語が…

国語を週に2時間見ていたら、、、1年ですごいことになった…

 

教え始めた時、本人のもっているポテンシャルが高いから、伸びるな、と感じたけれど、こんなに伸びるとは…

 

6年生になった時、さらに飛躍するため、今のうちにしっかり学力を伸ばし、基礎を固めておいてあげたいです。

定期試験 金城中プレテスト

10月1日、大成中学を皮切りに中間テストの期間がスタートしました。

 

この、長い定期試験期間、、、ようやく折り返したかな、という感じです。

 

来週からは滝中(今週からスタートしている)や金城学院中学、南山、東海などのテストがあります。

 

生徒たちにとって、定期試験は結構大変で、いやだな、と思うかもしれません。でも、頑張って納得の結果を得て、笑顔になってもらいたいです。

 

金城向けのプレテスト、、、学習を効果的に進めるためのツールとして使ってもらえたらいいな、と思います。

名大附 入試対策

名大附の入試では、資料から読み取った内容についての作文が出題されます。


この作文、資料を見て誰もが気づくことを書くだけでは差が生まれません。つまり、資料から、いかに手早く、正確に、そして独自の視点を持って作文できるか、というところが他の生徒との差を生みます。


学習塾Go'sでは、マインドマップを使用してメモの作成をしたうえで作文を仕上げていく、というスタイルで指導しています。


マインドマップを描くことは「作文を仕上げる手段」であって、「目的」ではありません。しかし、このマインドマップを描くことは、自分の発想や発見を論理的に文字に置き換えていくための有効なツールになります。


これは作文の授業をスタートして3回めのマインドマップです。まだまだ未熟ではあるものの、アイディアの独自性や書き上げるスピードの速さに驚かされました。


教えていて、1回1回の授業で作文する力が向上していることを感じています。これからの授業、どんなマインドマップが生まれ、どんな作文が出来上がっていくか、楽しみです。

中学受験はいつも踏ん張りどきだし、頑張りどき!

もう、9月も半分過ぎました。

中学受験を控えた6年生達は過去問に触れ、自分の力を自覚し、一喜一憂することもあると思います。

それは子供たちだけでなく、ご家族にも一喜一憂を与えているのではないかと思います。

 

もし、現時点の偏差値や合格判定に絶望しそうになっても、あきらめてはいけません。

まだまだ偏差値はのびます!

昨年、一昨年と9月からの生徒を教え、春日丘中や南山男子、金城などへの合格者を出してきたので、実感としてわかります。

どんな時だって、分析→課題設定→実行→効果測定→分析→… これの繰り返しです。

 

悪かったテストで凹んだ気持ちは蹴っ飛ばして、合格に向けて、やるべきことへひたすら取り組む!

良かったテストのことも忘れて、新しい気持ちで前進あるのみ!

 

もし、第一志望校合格への傾向があるとするならば、それは生徒・家庭・塾が一丸となって取り組むことです。

合格が難しいと言われる場合だって逆転合格してきた生徒たちをたくさん見てきましたが、やっぱり、生徒・家庭・塾が一丸になっていました。

 

受験生にとってはどんな時だって、踏ん張りどきだし、頑張りどきです。

いまは学校行事なんかで眠い日もあるかもしれませんね。

でも、なんとかこのちょっと疲れがちな季節を乗り越えて、人生で最初の一番がんばる冬を迎えよう!

中間テストへ向けてGO!

夏休みの課題テストも一段落しました。

みんな頑張っているので、それぞれに成果が出ています。


次は中間テストへ向けての学習になります!

シルバーウィーク後からが本格的な定期試験対策となっていくのですが、今のうちから少しずつ準備をして、みんな納得の結果を収めていけるよう教えていきます。

学習塾Go'sのTwitterについて

時事問題って、パッと聞かれるとなかなか答えられなかったりすること、ありませんか?

 

私もよく聞かれるので、数カ月前から学習塾Go'sのTwitterで時事問題をリツイートすることにしていました。

 

ところが、このところ夏休みで時事問題を聞いてくる生徒がいませんでした。

ちょっとさみしかったけれど、朝刊2紙に目を通して黙々と時事問題を探してはリツイートを繰り返していました。

 

そして今日、ついに名古屋中の生徒が言ったのです。

「先生、8月の時事問題なにがでますかー?」

 

「ゴーズのツイッターをみればそんなの簡単にわかるよ。」

すぐに幾つか時事問題として出そうなものを答えられました。

気持ちよかったです。

 

これからも時事問題をリツイートし、生徒のために時事問題で出そうなものを即答していきます。

 

GO!GO!GO!

定期試験、平日の頑張りが結果を左右します。

現在、一部の中学生は定期試験がスタートしています。
ほとんどは来週月曜か火曜からのスタートですね。

中間テストで成績が向上していたのなら、期末では更に向上するため、より一層注意深く学習を進めていくといいですね。
一方、中間テストで悔しい思いをしていたのなら、がんばるのは今です。

今週の平日、どこまで学習を進められるか、自分の弱点や忘れていたことを思い出して復習できるか、それが鍵になっているのではないでしょうか。

どうしても平日は学校で疲れてしまうため、学習へ取り組めず眠ってしまう、、、なんてことがあるかもしれませんよね。でも、そこをグッと我慢して、あるいは早く寝て早起きをすることで、学習を進めることが大切です。

気をつけないといけないのは、週末、土日で追い込もう!という姿勢です。
土日の学習で、ある科目においての成功はあるかもしれません。しかし、やらなかったり、詰めが甘い科目が出てしまいがちです。また、忘却曲線のことを考えると、やがて来る入試にはあまりよくないのかな、と思います。一時的に覚えたけれど、知識が血肉となって自分の中に残らない学習になってしまうのではないでしょうか。

そのため、平日、どこまで頑張れるかが大切なポイントになります。
今週の平日、やることを洗い出し(できれば紙に書き出して)、学習の優先順位を決め、時間を決めて取り組んでいく必要があります。
その中で、質問やできない所があれば、金曜日までに先生に質問して解決していくとよいでしょう。

さあ!よい夏休みを迎えるため、いま、がんばろう!!
GO!GO!GO!

学校説明会:愛知淑徳中学

6月6日(土)愛知淑徳中学の説明会に参加しました。
前回、愛知淑徳中学へ来たのは中学受験入試日の応援でした。
その時は朝ということもあり、淑徳生の学校での姿を見ることはありませんでした。

この日は、中高の生徒たちが説明会のお手伝いで大勢参加していました。
校門をくぐり、階段を上ると説明会を聞きに来たご家族だけではなく、大勢の生徒たちが案内したり、部活動に励んでいました。

説明会が行われる大アリーナへ向かおうと、歩いていましたら、不意に名前を呼ばれました。
小4〜5の時に教えていた子が声をかけてくれたんです!!
今は高1になったそうで、体だけでなく、話す内容や言葉遣いに、「しっかりしてるな」という印象を持ちました。
バスケットボール部に入部しているそうで、その言葉や表情から学校生活が、どんなに楽しいかよく伝わってきました。
学習塾Go’sで愛知淑徳を受験する子たちには、バスケットボール部、いいよ!と勧めていこうと思います(・ω<)

その子と話していて、当時教えていた子たちの名前もでて、多くの子達が淑徳で頑張っていることを知りました。
エネルギッシュに話す姿をみて、こんなふうに成長していく学校なんだなあ、いい学校だな、と感慨深い思いを抱いて大アリーナへ向かいました。

説明会では、吹奏楽部の演奏から始まり、バトントワリングや、映画による学校説明を拝見しました。
今年、愛知淑徳中学は創立110周年です。
愛知県で最初の私立高等女学校としてスタートし、100年以上の歴史を持っている名門校です。
学習内容がよく考えぬかれていて、「自分で表現していく」ということを大切にしている教育方針を聞き、先ほど再会した子も、表現豊かに話してくれたな、と思いだしました。
また、淑徳は設備の大きさとクオリティーの高さも素晴らしいです。
アリーナは大・中・小とあり、屋内プールも大きいです。
校舎内も廊下からしてピカピカで、打ちっぱなしの壁なんかも、よく日光がよく入るように設計されているのか、とても明るい印象でした。
こんな学校で6年間過ごすことが出来るなんて、幸せだな、と感じました。

入試情報の説明では、大体毎年、1,000名受験し、500名くらいを合格とし、併願者を差し引いて、大体240名が入学するということを聞きました。
そうすると、新聞などで発表される倍率は3倍くらいだそうでうすが、実際には1.8倍くらいだそうです。
また、入試問題は平均点が60点くらいになるよう構成されているとのことでした。
内容としては、難しい問題・基本の問題・とても基本的な問題という3つの問題が織り込まれているそうで、基本の問題ととても基本的な問題ができれば、6割以上取れるよう構成されているそうです。
私も今までの過去問を見てきた経験から、そうだな、と納得する説明でした。


さて、今週末は春日丘中学校の入試説明会+授業見学があります。
受験を控えたご家庭や生徒たちに、いろいろな学校のそれぞれの良さを伝えていこうと思います。

新中学1年生の中間テスト結果について

春日丘中啓明コースや名古屋中、滝中、公立中など、、、多くの学校は先週、中間テストが終っていますね。
今週は金城中や大成中などが控えていて、塾でも対策授業で、まだまだ忙しい状態です。

中学1年生のお子様がいらっしゃるご家庭では、最初の定期試験の結果を拝見されたり、楽しみにしていらっしゃる頃かと思います。お子様の試験への取り組み姿勢や、試験結果はいかがでしたでしょうか?

そこで、今回は中1の定期試験結果についてお伝えいたします。

大人の視点からみると、中1の1学期中間テストは平均点が高いので、高得点をとってもそんなに喜べないんじゃないでしょうか。
一方、中学受験を経験した生徒たちにとっては、そんなに勉強をしてなくても、結構点数もとれたし、内容も理解できているので、「中学校の勉強、楽勝!」って思っていたりしするんじゃないでしょうか。

そんな時、どうやって子供たちに話すべきでしょうか。

「良い結果だったから、次も頑張ろう!」…とはいっても、1学期中間は頑張らなくても大抵の人が良い点数になるし、、、
「今は簡単だけど、これから難しくなるから手を抜かないように!」…受験が終わり、せっかく楽しく勉強できているのに褒めてもらえなかった、、、
「よく頑張ったね、でも、中間テストは準備運動みたいなものだから、みんな平均点が高いよね。これから内容が徐々に難しくなって、成績の差も出てくるから、これからが本当の中学校の学習になってくるよ。」…こんな感じだと割と説得力あるかな…でも、その言葉の意味は子供たちが実感しないとわからないから、、、

なかなか難しいです。

正直、中1の時の成績が高校まで継続するとは考えにくいので、良い結果であれ悪い結果であれ、これが一つの通過点であることを忘れないで接していくことが大切ではないでしょうか。

ただ、絶対に気をつけておきたいことがあります。
「中1の1学期中間の結果がよくない場合はすぐに手を打つべき」ということです。

その際、大抵の生徒は、本人が結果について「良くない」と感じていないケースが多いです。
なぜなら、点数はとれているし、中学受験の時ほど、「わからない」とは感じていないからです。
しかし、こう感じること自体が実は、、、よくないのではないか、と感じます。
その根拠としては、①そもそも点数はみんなとれているため平均点が高い。にも関わらず、70点〜80点でよく出来たと感じている。②中1の1学期の学習内容は小学1年生同様、なるべく楽しく学べる内容になっている。そのため、簡単なものが多い。にも関わらず、できていないところがあり、それを問題視していない。
上記、二点が「中1の1学期中間の結果がよくない場合はすぐに手を打つべき」と考える根拠となります。

もし、良くない結果が期末でも継続されると、、、
学習に行き詰まってしまう可能性が出てきます。
そうなると、きっと「次は頑張る!」となりますが、夏休みでその気持ちを忘れ、2学期中間となるが、、、、
だんだん、頑張っても結果が出ない、ということが起き始めます。
努力に対する成果が現れるまでには時間がかかるのですが、生徒たちは、どうしても成果を焦るので、努力に対して成果が出ないとがっかりします。やがて、「がんばっても意味が無い」という気持ちへ流れやすくなります。

このような気持ちになってしまうと、立て直しには時間がかかってしまうことがあります。
それは、既に学習面というより、精神面・学習への姿勢に問題が生じてしまっていると考えられるからです。

このようなことになってしまわないよう、中1の1学期中間テストをしっかり見ておくことが大切だと思います。
子供たちが学習への楽しさを失わず、能動的に学習へ臨める状態はとても良い状態だと思います。
その状態を保ち、今後も成績が伸び、かつ自立していくよう、導いていくことが大切かな、と思います。

私立中学の説明会について

各中学校では学校説明会がスタートしていきます。
すでに説明会をおこなっている学校もあります。
中学受験をお考えのご家庭は、その日程を新聞やネットなどで調べられているのではないでしょうか。

私は、この学校説明会へ参加するのは大切なことだと考えております。
特に、第1志望校ではない学校へ足を運ぶことは、とても大切です。
学校説明会へは何校か、また何回か行くことをお勧めいたします。

中学受験を控えたお子様がいらっしゃるご家庭の皆様は、学校説明会やオープンキャンパスへ足を運ばれたことがあると思います。
その時、第1志望校はとてもよく見えたのではないでしょうか。
多くの生徒達は、先入観やあこがれで、学校が輝いて見え、自分たちの目も輝かせていたのではないかな、と思います。

ただ、当然ながら、その学校へはだれでも望めば入れるわけではありません。
だれでも必ずその第1志望校へ合格するわけではないので、プラスとマイナスの可能性を考えて、保護者の方は、なるべく多くの学校を見て、感じておくことが大切ではないか、と考えております。
もちろん、子供たちが第1志望校以外、見向きもせずに頑張っていくことは大切なことだと思います。
その一途な、真剣な思いが合格へのパワーになると思います。

しかし、大人である保護者までもが、同じ姿勢で中学受験に立ち向かって良いのでしょうか。
入試は確実なものではありません。
逆転合格もあれば、想定外の不合格もあります。
その時、保護者である大人たちまでもが打ちひしがれ、子供たちの将来へのターニングポイントで次の一手を示してあげられないとしたら、子供たちはどうなるでしょうか。

第1志望校へ合格することは、それが一番大事なことで、嬉しい事です。
しかし、何度も繰り返すのですが、大人たちはすべての人達が合格していかないことを知っています。
「大切なこと」それは第1志望校以外についても、よく調べ、万が一に備えておくことではないでしょうか。
それが出来るのは、多くの人生経験を積んできた大人たちの役目だと思います。
子供たちとともに、受験に熱くなる一方で、冷静な目で成績を見つめ、将来を見つめておくことが大切です。

現在、中学受験が成熟期を迎え、名門校はますます名門校として磨きをかけ、その他の学校も、独自色を打ち出しています。
少子化ではあるものの、大学入試の変革や、社会的な動きをみると、私立を志すご家庭は増えていくことと思います。
今後、中学受験は関東、関西、広島などについで、東海地区でもより一層、成熟していくことと思います。
「お子様に合った学校が最も偏差値の高い学校である」、、、ではなく、「お子様に合った学校が最も偏差値の高い学校だった」という風に考えられるようになってくると思います。
できるだけ多くの学校を見ていただけたらと思います。

では、どういう基準で説明会の参加をしていくと良いか、以下の表をご参照ください。
第1志望校は第1象限か第2象限にありますが、多くの生徒達は第1志望校が第2象限にあることが多いです。
これら第1、2象限の学校は、既に説明会などに行き、学校のことをよくご存知だと思います。
そして、第4象限に入る学校が、いわゆる「すべり止め」の学校になります。
この第4象限に入る学校も、ぜひ見て、調べていただくことをおすすめします。
その結果、「すべり止め」という視点ではなく、その学校が持つ独自の魅力を発見していただけたらと思います。

いろんな情報があり、どうしても噂などに真実があるように感じ、何を信じるべきかよくわからないこともあるかもしれません。
しかし、しっかりと目で見て、話を聞き、言葉では言えない何かを肌で感じることで、その学校が持つ「何か」、、、メリットなのかデメリットなのか。それらはご家庭によって違うと思いますが、「それら」を感じて、お子様と、学習の合間に話し合っていくことが、中学受験を戦いぬく上での一つの「武器」になると考えております。

私立・公立中高生/中学受験生に向けて学習塾Go'sの考えていること

まずは私立中学、公立中学の生徒についてです。

学習塾Go'sでは5月の中間テストに向けて準備をしています。来週5月6日からは定期試験対策が始まりますし、5月1日は「学習イベント」で生徒のモチベーションを上げ、よりよい学習方法を伝えます。

生徒たちががんばった分、納得できる結果が得られるよう、指導し、サポートして行きます。


次に、私立中学受験について、中でも、現在学習がうまく行っていない小6ついてお話します。

もし、いま、お子様が学習にうまく向き合えていないのでしたら、「スモールステップの成功を積み重ねていくこと」をしてみてはいかがでしょうか。

 

小6、受験生!とは言うものの、まだまだ彼らは子供です。ですから、言葉では「頑張る!絶対合格したい!」と言うけれど、なかなか行動に結び付けられない、という状況に直面することが多いのではないでしょうか。気持ちは本当ですが、どうしても行動が伴いません。それで、大人からすると、なぜ受験生なのに勉強しないのだろうか、そんなふうに考えてやきもきしていないでしょうか。

 

たしかに、言ったことをやらず、自分の人生を決める勝負に立ち向かわない姿は、見ていてやきもきするし、腹立たしくも感じるかもしれません。しかし、それが子供である、というふうに考えてみてはどうでしょうか。学習面で、「やる!」と言ったうちの5回中1回しか実行できなかったら、まずは5回中2回出来るようになることを目標とし、小さな成功を認めながら進めていくことが大切です。そうすることで、子供たちのモチベーションも徐々に上がっていきます。どうしても、大人は5回中5回の有言実行を求めがちです。しかしそれでは互いが苦しい思いをしなければなりません。無論、5回中5回を求めていく姿勢は大切です!しかし、大人は子供たちが未熟な存在であることを認めた上で、5回中1回の実行が2回になったこと、あるいはいつもより長く頑張れたことなど、小さな成功をしっかり認め、少々の未熟さに目をつむって、やがてやってくる入試において大きな成功を収められるよう、子供たちのやる気と行動をコントロールしてあげられるといいと思います。

 

小さな成功だけを見るのではなく、小さな成功を認めながら、大きな成功を見つめていかないといけないと思います。できないことのほうが多い子供たちですが、やがて出来るようになるのですから、やる気の芽を上手に育てていってあげられるといいと思います。

 

実は私自身「一日が完璧に思い通り過ごせた日」なんてないんじゃないか、と思います。

やりきれなかったこと、失敗したことが必ずあります。しかし、その都度、できなかった瑣末なことまで誰かから指摘を受けたら、ちょっと、、、辛くなると思います(*_*;


子供たちに、その日やらなければならないことが10あるとしたら、10やることが大切ですが、無理なら、そのうちの最も大切なことを1つ、2つ、しっかりやりきることが大切ではないでしょうか。その際、大人が学習における優先順位を決めてあげなければなりませんが、そのもっとも大切なことを1つ、2つ、毎日積み重ね、またそれが2つ、3つ出来るようになっていけば、すごい成長へつながると思います。

学習塾Go's学習イベント:定期試験の学習法

5月1日19時〜、昨年に引き続き、「定期試験の学習法」のイベントを行います。 

 

5月下旬に控える中間テストに向けて、モチベーションアップと成功体験をもとにした学習法をお伝えします。


学習塾Go'sの講師たち(名大生・名市大生ほか)がどうやって勉強をしてきたか、やる気のないときはどうしたか、苦手科目をどう克服していったか、といったことをお伝えします。また、スケジュール管理の仕方なども話し合っていきます。

 

イベント後半のワークショップでは中間テストに向けてのスケジュール作成や、勉強についての質問などにお答えします。

 

大人の方も参加できますので、お子様と一緒に是非、ご参加いただけたらと思います。

 

以下はチラシのPDFとなっております。

ダウンロードして御覧ください。

ダウンロード
270501定期試験の勉強法イベントチラシHP用.pdf
PDFファイル 165.0 KB

定期試験

定期試験が終了している生徒たちの結果が出始めています。

飛躍的に成績が上がった子もいれば、課題を残した子もいます。

当然ですが、成績がアップし続けるに越したことはないです。しかし、大切なことは成績が納得行く形にならなかった時の対応です。

その都度、次のテストへの課題を見つけ、問題点を修正して次のテストへ向けて「前向きに」臨んで行かなければ、テストの意味がありません。


テストでは単元の出来不出来を見るだけでなく、取り組み方についても見ていく必要があります。


本日から定期試験が始まっているいくつかの女子校の生徒たちもいます。また明日からテストがスタートする学校もあります。


みんな、晴れやかな気持ちで春休みを迎えて欲しいです。

GO!GO!GO!

中学受験が終わり、中学生の学年末へ突入!!

中学受験が終わり、今年度の指導を振り返る暇もなく、私立中学生の学年末試験に突入です。


中学受験では、3ヶ月や6ヶ月という学習期間にもかかわらず、驚異的な学力の伸びをみせ、中学受験を乗り切った子たちが何人もいました。


受験前、塾にいる私立中学の生徒たちも彼らを応援する眼差しで見ていたように思います。

そして今度はその中学生たちが学年末試験に向けて力を発揮していく時です。

先週末から土日も塾を開けて定期試験対策をしています。

まずは春日丘、つぎに金城、大成、その後、滝、淑徳、椙山とあり、最後に南山女子が試験となっていきます。


学習塾Go'sの、質の高い講師たちの力を最大限発揮できる環境を整え、生徒たちのサポートをし、最高の結果を収められるよう、導いていきます。

冬休みが終わって

年明けのテスト結果はいい子もいればそうでなかった子もいます。

大成は5位以内、春日丘中では数学で番付に載った子もいます。

概ね、上昇中です(^^)

停滞してしまったり、一時的にダウンしてしまっても、絶対に上昇しますし、そうしていきます。そして、みんな良い成績をとり、GO'S PRIZEで賞品をたくさんゲットして欲しいです。

GO!GO!


さて、去年、中学受験をした生徒たちももうすぐ2年生です。

ほとんどの子たちが中学受験の頃から知っている子たちばかりです。

身体も大きくなったし、話す内容もどんどん大人びてきています。

先日、私立中の1年生が小6の受験生にキットカットをくれました。

中1の子たちを見ていると、自分の勉強のことよりも、なんだか受験する小6を応援しているようにも感じます。


4月、桜ではなく、生徒たち自身が咲き誇れるように、学習塾Go'sとして全力で教えていきます。



春日丘中1年の期末結果

本日、春日丘啓明コースの中1に期末の結果を見せてもらったら、数学の得点が30点以上アップしてジャンプ賞をとっている生徒や、英語20点アップ、数学27点アップと、合計47点もアップしてる生徒もいました。

何はともあれ、非常に良い結果だったと感じました。


まだまだ課題はあるものの、中1のこの時期に学習についての「自信」をつけさせてあげることができたのが何よりも嬉しいです。また、努力が成果として現れたことで、次につながるテスト結果だとも感じられ、本当に嬉しいです。


次回は冬休み明けに課題テストが控えています。

課題を早めに済ませてテスト勉強に進めるよう、プランをたてて、また目標を持って、進めていきます。

GO!GO!GO!

2ヶ月で偏差値はどこまであがるか。

10月から指導している中学受験生の成績が伸びました。

算数国語で偏差値が10以上伸びたので、この2つの科目はともに偏差値50を超えました。


テキスト、カリキュラム、講師、生徒、ご家庭、そして自分を信じてがんばっているのですが、こうして進めてきたことが「正しいんだ!」という証明が、数字としてはっきり現れてくると、とても嬉しいです。さらに頑張っていく力が湧いていきます。

他の生徒達も頑張っていて、2〜3回の授業で国語の成績が+20点になったり、苦戦していた算数で偏差値50をこえたりしています。

長時間の授業に対して小学生とは思えないすごい集中力を発揮して、偏差値をグイグイ押し上げている生徒もいます。


入試はもうすぐそこです。

小学生には未熟な面もあるけれど、その未熟な面があるから成長できると思います。

学習塾Go'sの生徒たちが全員、第一志望校合格になるよう、明日も講師たちとともに…GO!GO!GO!

H26年度 春日丘中学校 入試傾向の資料

ダウンロード
H26春日丘中学入試傾向サンプル.pdf
PDFファイル 406.3 KB

11月22日に行われた春日丘中学校での入試説明会において、入試問題の傾向が発表されました。

それをレポート形式でまとめましたので、資料をご希望される際はお問い合わせください。

上記にサンプルがありますので、ご自由にダウンロードして御覧ください。

年末年始の休校日のご連絡

【年末年始の休校日】

 

当塾では年末年始を下記のとおり休校とさせて頂きますので、

ご案内申し上げます。

休校期間中は何かとご迷惑をお掛けすることと存じますが、

何卒よろしくお願い申し上げます。


年末最終営業日:12月28日(日)

年末年始休業期間:12月29日(日)~1月4日(日)まで 

1月5日(月)から平常どおり開校いたします。 


休校中は塾の教師を家庭教師として派遣いたします。

授業をご希望の場合は12月10日までにお声がけください。

なお、日程によっては派遣できない場合もあります。

ご迷惑をお掛けすることもあるかとは思いますが、よろしくお願い致します。

次回の定期試験へ向けて

いまはどの中学校も定期試験が終わり、次回の定期試験までに少し時間があります。

学校によって様々ですが、この間、部活や行事に力を入れて頑張っている生徒もちらほらいます。

 

今回は学年や学校など、ばらばらになっていますが、「本日の授業で気になった点」ということで、次回の定期試験へ向けての学習ポイントをお伝えしていこうと思います。

 

春日丘中学校の1年生は学習量によって、学力に差が出始めるころです。

英語は疑問詞の使い方がうまくできない場合、今までの学習で得たbe動詞や一般動詞の肯定文、否定文、疑問文の作り方を総復習しておきましょう。それを踏まえて、疑問詞の使い方に臨むことが大切です。ただ、単語力はいつでも大切なので、単語もしっかり復習していくことが必要です。

数学は幾何に入りました。中学受験でやった内容も多いので比較的スムーズに学習を進められると思いますが、上位の成績を収めるにはやはり、体系問題集のlevel-Bを解ききる力が必要ですね。

 

次に2年生は国語で古典が入り始めました。歴史的仮名遣いや係り結びといった基本事項を復習しておけば、テスト前で慌てることはないでしょう。

英語は比較級を何度かやっていますので大丈夫だとは思いますが、大切なのは「いろいろな比較表現」ですね。基本ができていなければいけませんが、その先にある特別な表現を修得するべく、5STAGEをしっかり復習すると良いと思います。当然、ニューホライズンも進めますが、これは「Let's Read」の2と3ですね。これはそれまでの「Unit」のまとめの単元なのでいろいろな文法が複合的に出てくるものです。「Unit 4,5,6,7」ででてきた文法は使えますか?確認しておきましょう。

数学では幾何の相似にはいりました。

相似比や相似条件、平行線と線分の比、中点連結定理、これらの基礎ができた上で、「体系問題集」をこなして、いろいろなパターンの問題を覚えてしまえば高得点が取りやすいです。

 

名古屋中や南山女子の中2ではニュートレジャーのlesson3、文型を習っています。

第4文型から第3文型への書き換えや第5文型の表現を抑えるとともに、自動詞、他動詞の違いにも注意できるといいですね。南山女子の場合はテストで文法用語を問われることが多いので、「直接目的語」「間接目的語」「補語」などといった用語とともに、形容詞は補語にしかならない、とか、give型動詞の第3文型は「to人」、buy型動詞の第3文型は「for人」なども覚えておくといいでしょう。

数学はチャート式などの問題を解き進め、学校教材にかぎらず、さまざまな問題に取り組んで、学習を進めることが、大学受験に向けて大切なことですね。

 

金城の中1英語では棒人間のでてくるプリントをたくさんやります。

感覚的に英語を身に着けていく一方で、「文法」もおろそかにせず、学習していくと確かな英語の力が身につきます。

淑徳では、キーワークというテキストを英語で使っていますが、これと合わせてプリントなどでしっかり学習していくことが今後の飛躍につながります。

 

再来週からは試験対策が始まりますが、塾としてはすでに試験対策の準備を始めていきます。

みんなが笑顔で終業式を迎えられるといいな、と思います。

GOGOGO!

 

ハロウィンをちょっと楽しむ☆

小学生の子たちとは夜の授業の前に楽しみながら学習をしています。

 

よわそうなマイケル・マイヤーズ登場!

 

ハロウィン、ちょっと悪乗りしていますが、この後しっかり勉強しました(^^)

 

定期試験結果②

今回の中学生の中間テスト、あまり詳しく報告できませんが、生徒の多くは成績をあげています。

 

まず、特筆すべきは名古屋中の生徒です。

30位以内に2名入っています。

去年から比べると100番くらい順位を上げています。

 

春日丘中啓明コースの生徒は2名ジャンプアップしています。

また、余裕を持った学習をして15位以内の順位をキープしている生徒もいます。

 

南山の生徒が国語、学年1位でした。

(実際国語は見ていませんので、塾の成果ではなく本人の才能と努力ですね(^^))

 

みんながんばっていますね。

ところで、ご父母の中には次のような質問があるかもしれません。

「どうしたらよい結果が得られるのでしょうか」

というものです。

もし、これに対する完璧な回答があるとするならば、それは生徒とご家庭がともに「素直である」ということかもしれません。

学校なり塾なり、とにかく先生が言うことをそのまま実行してみてください。

成績はあがります。

学習塾Go'sでは生徒たちが気持ちよく過ごせるよう、配慮をしています。

その中で、彼らにこちらの要望をつたえることで、スムーズに学習に取り組んでもらえるようにしています。

 

さて、次は期末テストですね。

今回のテスト結果、良い点、まずい点数、いろいろですが、生徒たちがテスト結果をしっかり受け止め、自分自身の課題を見出し、甘んじたり、投げやりになったりしないよう、接していきます。

 

いま、この瞬間が生徒たちの未来につながっている、その責任を負っているという思いを大切にして期末試験や中学受験に臨んでいきます。

 

GOGOGO!

定期試験結果①

春日丘中や名古屋中などのテスト結果が出始めていますね。

成績はだいたいみんな上がっています。

きちんと塾でサポートできれば、しっかり結果が出ます!

 

学習につまづいたり、つまづきそうな時は一人で解決できるに越したことはないです。

しかし、サポートがあればよりスムーズに解決していくこともあります。

次回の期末に向け、既に学習をスタートさせた子も、います。

 

とにかく、みんなが自分自身に納得のいく結果を残せるよう、頑張って欲しいです。

 

さて、今週は女子中学の中間テストラッシュです。

笑顔でハロウィンを迎えられるといいね!

 

GO!GO!GO!

テスト前!

今朝、金山のシャープさんの展示場まで行ってきました。

みんなの学習がスムーズにいくよう、コピー機を業務用のものに替えようと思います。

今回のテストには間に合わないかもしれないけれど、スムーズにコピーが使えたら学習もはかどるのではないでしょうか。

 

ついでに金山のボストン美術館で行われている展覧会を見てきました。

マチスの素描が素敵で、これが塾にあったらどんなに文化的な空間になることだろう、と思いました。

 

そして、中学生は来週、再来週とテストラッシュ!

高校生は推薦入試近し!小論文、追い込みです。

小6は今が逆転合格への最後のチャンス!ここで踏ん張って欲しいです。

 

差し入れもあったので、みんな頑張って欲しいです!!

 

GO!GO!

中間テストについて

2学期の定期試験期間がスタートしました。

というか、既に終わっている子もいます。

 

その生徒から「代数、99点だったよ!!」

という連絡がありました。

こういう報告、すごく嬉しいです(^O^)

授業を担当した先生たちも、ありがとう!!

これから他科目のテスト返却が楽しみです。

学年でトップテンに入る実力者だけど、今後も、順位や得点とは別に、自分の中に問題意識を持ち、学習に臨んでいってもらいたいです。

 

他の学校は明日、明後日の学習が定期試験を左右する、そう考えて定期試験の学習を始めて欲しいです。

 

本日、22時まで頑張っていたのは中1たちでした。

明日も朝10時から来るそうです。

 

定期試験、結果を笑顏でながめられるよう頑張って欲しいです。

GO!GO!GO!

文化祭後は定期試験ですね。


いま私立中学では文化祭ラッシュですね。

すでに終わったところの生徒たちは、すこし気楽そうです。

別の言い方で言うなら、気が抜けています…(^_^;)

きっとどの中学も文化祭は盛り上がっていることと思います。

 

しかし、それが終わると中間テストに突入します。

塾としては気を緩められません。

私立、公立ともに、中間テストでしっかり成果を出していきます。

 

さて、今日は春日井の百時さんでみつけたモビールを塾の本棚のところや、生徒たちのロッカーがある部屋に設置しました。

 

中学生男子の感覚に訴えかけられるかはわかりませんが、なんとなくいいな、と感じてもらえたら良いと思います。

 

GO!GO!GO!

学習への考え方

「なぜ生きるのか」ではなく「何のために生きるのか」が大事だ、と最近読んだ本に書いてありました。

それから、いろいろ考えていて、やっぱり生徒のことを考えました。

 

私自身も考えたことがあるのですが、「なぜ勉強するのか」ということです。

勉強で苦しい局面を経験した人なら多くの人が考えることかな、と思います。

しかし、これは外部へ問いかけるのではなく、自分自身に向けて「何のために勉強するのか」と問いかけることなんじゃないかな、と思いました。

 

もし、生徒がなぜ勉強するのか、と問いかけてきたら、こう答えてあげたいと思います。

学習面でも笑顔になるために、今は苦しくとも未来で笑顏になれるように生徒たちに教えていきます☆☆☆

 

GO!GO!GO!

 

8/18からテスト対策スタート!

春日丘中、高では、8/22日に課題テストや模試などがあります。

それに備えて、GO'Sでは18日からテスト対策期間を設けております。

朝10時から22時まで自習室を開放し、授業のある生徒にはテスト対策の授業をしていきます。

課題はもう終えている生徒がほとんどなので、2回目3回目を徹底し、この夏でパワーアップを図ります。

 

9月頭に実力テストがある学校に対しては8/25〜30で対策を組んでいます。

 

夏休み、もう後半になっていきますが、学習面でも充実した夏になるよう、サポートして行きます。

 

GO!GO!GO!

2ヶ月で偏差値20アップ!

受験を控えた生徒を教え始めて2ヶ月。

国語の偏差値が20あがりました。

 

ただ、あがるだろう、という根拠の無い楽観や、責任に対して鈍感なままでは成績は上がっていかないと考えています。

行動し、考え、そしてまた行動していく先に、成果や成功があると思います。

 

GO'Sに通っている生徒とご家庭が、学習を通じて笑顔になれるよう、これからも頑張っていこうと思います!!

GO!GO!GO!

 

つばめ

塾の裏口に営巣しているつばめの子が随分と大きくなっています!

 

先週は小さいな〜、と思ってみていたのですが、もうこんなに大きくなっています(*^_^*)

とても、かわいいです!!

 

塾に来た際は是非、見ていってくださいね☆

 

GO!GO!GO!

 

 

英語:ニュートレジャーについて

ニュートレジャーを使用しているのは南山女子、名古屋中学、南山男子、大成中といった中学校になります。

このニュートレジャーという英語の教科書は、英語の教科書の中でも、もっとも難易度の高い(詳しい、という意味でもありますが…)ものの一つではないかと思います。

 

そのため、上記の中学校での定期試験の内容は、必然的に他の中学校と比べると難易度が高くなっているように思います。

新出単語だけでも、一つの単元につき、80〜100位はあります。

また、文法的にも、詳しい説明が盛り沢山です!!

(たとえば、中1の内容で行きますと、単複同形の単語として、fishだけでなく、sheepも出てきます。また、中2ではfarの比較級"further"が出ています。)

よって、定期試験の学習には、たんに教科書内容を覚える、というだけではなく、きちんと、なぜそうなっているのか、まで理解していかないと、高得点は難しくなります。

裏を返せば、そこまで理解して進めていくと、本当に英語の力が備わっていきます!!

 

いま、英語の学習、どうですか?

順調でしょうか?

 

中学1年生の1学期ならまだそんなに心配することはありませんが、2学期以降は大きな差を広げていく恐れがあります。

 

ニュートレジャーはとてもよい教科書です。

しかし、もしいまその学習に不安を抱き始めているのであれば、はやく改善していく必要があります。

理科や社会は得意であるに越したことはありませんが、たとえ不得意でも、高校から対処していけると思います。

 

しかし、英語と数学は積み上げていく学習ですし、入試で必要となります。

いわば、学習の柱です。

先を見据えて、きちんとプライオリティが何かを考えて学習に臨むことが大切だと思います。

 

いま、多くの学校が定期試験を終えようとしています。

これから定期試験がある生徒たちが笑顏で夏休みを迎えられるといいな、と思います。

 

さて、塾での定期試験対策もあと一週間!

みんな、がんばろ〜!!(*^_^*)

 

GO!

 

今週は定期試験前の追い込みです。

自習ブースのイスを赤に変えてみました。

どんな印象でしょうか?

はじめは少し派手かな、と思いましたが、元気が出る感じで今は気に入っています。

 

さて、今週は大成、名古屋、春日丘、、、来週は南山などの学校が定期試験の追い込みとなります。

夜はいつも10時までですが、体力のある男子は結構遅くまで残っていたりします。

彼らの帰るときの表情をみると、やりきった!という充実した表情をしています。

なんだか嬉しいです。

 

教える側の先生たちも、僕より先にかえるのですが、その時の表情も充実しているように見えます。

先生が楽しんで教えている、というベースがあると、生徒たちも学びやすいと思います。

教える側、教わる側が共に楽しめて、なおかつ成果が上がる!!そんな塾になるため、今日も頑張りまーす!

 

GO!GO!GO!

垂れ幕やらあれこれ一新しました(*^_^*)

塾は横から見ると、こんな風です。

2階はまだ少ししか使っていないのですが、夏期講習などで、少人数の授業ができたら楽しいそうだな、と考えています。

 

塾が開校して1年過ぎました。

いろいろと変化していく部分もあるのですが、

「一人ひとりに合わせて、丁寧に接して学習を教える」という軸の部分を大切にして

教えていきます!!

 

GO!GO!GO!

定期試験対策スタート!!

各中学校では、2〜3、あるいは4週間後に定期試験が始まります。

それにむけ、学習塾Go'sでは定期試験対策期間に突入しました。

 

普段とは違った雰囲気で教室の空気も緊張感があります。

生徒たちがテスト結果を見て、喜べるよう、しっかり教えていきます!!

学習イベント vol.3 公立中学生対象:内申点の上げ方

6月8日(日)10:30〜12:00「内申点の上げ方」と題して、学習イベントを行います☆☆☆

対象は公立中学生で、塾生、塾生以外ともに無料で参加できます。 

今回の学習イベントでは、「内申点の上げ方」として、さまざまな「内申点を上げる方法」をお伝えします!!

 

高校受験では「当日点」と「内申点」の合計で判定されます。

内申点は当日どんなに頑張っても評価が変わることはありません。

その意味では、中3にとっては既に入試が始まっている、 と言っても過言ではありません。

さらに、中3になって急に内申が上がることはレアケースなので、中1、中2のうちから内申点への意識を 育てていかなければなりません。

内申点を上げるには、日々の学習姿勢や提出物、小テスト、定期試験の成績が大切です。

また、先生との関わり方やふるまい方も大切です。

これらの内容を、どうやって対処していくか、という部分を掘り下げて考えていき、お伝えしていきます。

 

とくに、お伝えしたいのは、「定期試験の学習法」です。期末試験の2週間前に「学習法」を習得した上でテスト勉強に取り組んでみてください。かならず、成果と結びついていきます!!

 

 

☆参加は無料で塾生以外も参加可能です。

今回のイベントを通じて是非、学習塾Go'sを知っていただけたらと思います。

お問い合わせ

 

高校受験で最高の結果を手にするために、いまから準備をしていきます!!

GO!GO!GO!

 

定期試験前プレテスト

そろそろ、定期試験の学習を始めてますか?今日は10時から定期試験前のGo'sプレテストです。この結果を元に各自の学習到達度をチェックして、何を優先的に学習する必要があるかを明確にしていきます。

学習塾Go's、今日で1歳です(╹◡╹)

5月5日、今日で学習塾Go's開塾1年です!!

 

思い返しますと、1年目は中学受験生と私立中学生とともに進んできました。

塾生のご父母や生徒たちに支えられ、こうして元気に頑張れています(╹◡╹)

ありがとうございます!!!

この、「感謝の気持ち」を、成績向上と学習塾Go's特有のきめ細かいサポートでお返ししていきます!

いろんなご要望をうけ、それに応えられる力をパワーアップしていきます!

至らないことも多いかもしれませんが、これからも全力で頑張っていきます!!

 

2年目は新たなステージへ進むべく、公立中学生(高校受験)のコースをスタートいたします。

愛知の高校受験はもともと教えていたので、すごく!楽しみです。

「私立専門」という形態をチェンジしていくことで今までの学習環境が失われないよう細心の注意が必要ですが、多様な生徒が共存し、刺激し合い、新たな緊張感や楽しさが生まれることも楽しみです。

 

さて、明日は学習塾Go'sの学習イベント「定期試験の学習法」があります。

とてもおもしろい内容に仕上がっています(^^ゞ

残席数も残り僅かです。

個別指導だけでなく、こうした無料のイベントが多くの人の役に立つよう、これからも頑張ります!!

GO!GO!GO!

定期試験範囲、発表されてますね。

(今回のブログは公立高校受験についてです。)

 

南城中学、5月3日にテスト範囲が発表されていますね。

この休暇中の学習量がテスト結果を左右するかもしれません。

そう思うと、おちおち遊んでもいられないから、子供たちにとってはすごく嫌かもしれません(-_-;)

 

とくに中3はGWなど関係なしに学習に勤しんでいかなければならないので、大変ですね。

なぜなら公立入試では内申点が大切ですから!

 

この内申点、愛知県では中3の3学期の内申点✕2が当日点に加味されます。

そして、3学期の内申点は1、2学期を平均したものになると言われています。

 

つまり、どんなに3学期の学年末の成績がよくても、1、2学期の内申点を平均しますから、、、思いのほか3学期の内申点が伸びなかった、ということになりかねません。受験はまだ先!とかいって定期試験を疎かにしていると、怖いです。

 

もちろん、かならず1,2学期の内申点の平均が3学期の内申点になる!とは言い切れないケースもみてきましたが、概ね、この通りになっている感じです。

 

そうなると、この1学期の中間テストからある程度の結果を出していかないと、3学期にしっかりした内申点が取れないかもしれません。

 

そして…進路決定の三者懇談などで、どんなに当日点をとる学力があっても、内申点がないと中学校の先生がお子様の目指す学校を受験させてくれないかもしれないんです。

なぜなら高校受験で全部不合格にならないよう、できるだけ安全な受験をさせる傾向があるからです。

 

ちなみに、もし旭丘や明和を受験しようと考えるならば、内申点は最低39〜40はないと、受験できないかもしれません。

36だと、まず無理かもしれません。。。

(過去に内申38で旭丘に入った子がいましたが、その子は東海高校も合格していて、当日点をとる力が非常に高かったです。その後、その生徒は東大現役合格もしています。)

 

ここで大切なことは、現時点で、当日点をとる自信がどんなにあっても内申点がないと、それが足かせとなり、希望の学校に挑戦すらできない状況になりかねない、ということです。

なので、中3はここでしっかり学習しておき、内申点をとれるだけ取っていかなければなりません。

 

公立入試は既に始まっているんですね。

内申点、それはとても重要なんです。

それを意識している生徒は強いです。

そして、それに気づいている生徒はきっとこのGW、テスト範囲を学習しているはずです。

 

では!生徒たちそれぞれが各自の目標に向け頑張っていけることを応援します!!

GO!

 

 

 

 

 

学習イベント《定期試験の学習法》の準備が進んでいます!

着々と準備が進んでいます。

コメンテーターとして参加する医大生たちも「がんばりまーす!」といっています!!

 

いいイベントにするために、きちんと準備します(*^_^*)

自習室開放!!

新学期が始まり、またGWで楽しいことも多いと思うのですが、学習には真剣に取り組めているでしょうか?

 

学習塾Go'sでは、4月29日から試験終了まで、自習室を開放しますので、塾での自学習を体験していただけます。

対象は公立(南城中・志段味中・高蔵寺中)と私立中学生です。

 

《開校時間》

平日15時〜22時、5月6日以降は土日も10時〜22時で自習室利用できます。

 さまざまな中学生、高校生がいますが、みな目的は学習です。

 

学習塾Go'sの自習室、結構集中して取り組めると思います。

是非体験してみてください(╹◡╹)

テストで高得点をとるために

新しい学年がスタートして、2週間が過ぎました。

来週末からはGWになりますし、GWが明けて2週間後には中間テストが控えています。

 

今回は、過去の定期試験や課題テストなどで良い成績を収めた生徒たちの学習の傾向を書いていこうと思います。

 

 

1.テスト範囲をきちんと理解している。

  あたりまえのことなのですが、これができています!

  どのテキストをやらなければいけないか、書面で確認できることですが、

  確認しない子が結構、多いです。

  納得いく成績を収めるためには、テスト範囲をきちんと知り、

  どのテキストでどれくらい学習しなければならないか、

  おおよそ見当をつけておかないと、後から全範囲学習できないまま、

  テストを受けることになります。

 

2.テスト範囲はすべてひと通り目を通す。

  上記内容に続き、これができないと、テストをやった時に

  「やったところがでなかった」という事になります。

  ある程度の成績を取ってくるようになると、口では「面倒だ」といいますが、

  「面倒だけど、これもやっておくか、、、」という感じで取り組み、

  結果的に知識の厚みが出てくるようになり、

  テストでも結果がついてくるようになります。

 

3.間違えた問題にチェックをつけ、再度演習する。

  間違えた問題に対して、チェックを付けることが習慣となっているでしょうか?

  自分ができない問題をそのままにしない、という意識が備わっていると成績は伸びます。

  間違えた時点で、その原因や解き方を追究して理解します。

  あるいは、理解できない場合は質問します。

  そして、一度理解しても時が経つと忘れていることもあるので、

  再度テスト前にはそれらの問題を解きます。

  「一度やったからできる」という感覚ではなく、もう一度やって確かめておこう、

  という感覚になっているようです。

  そうすると、テストでの複雑な問題への対応がスムーズになり、

  難問を読み解く時間を短くすることができます。

 

4.普段の授業をきちんと受けている。

  普段の授業での学習を疎かにせず、予習、復習を行うことが大切です。

  これができないと、テスト前に1ヶ月で習ったことを1〜2週間で

  独自で学び直さなければなりません。

  そうすると、上にあるような、全範囲を網羅した学習に結びつけにくくなってきます。

  テスト前に学び直す、という事にならないように普段の学習について意識を高め、

  分からない問題などはその時に質問などして解決していくことが大切です。

 

1〜4、すべて完璧にこなしている生徒は多くありませんが、近い生徒もいます。

また、意識が育ち、そうなって来た、ということもあるかもしれませんし、

塾として上記内容をサポートして成果につながった部分もあると思います。

とにかく、ただ学習する、ということだけでなく、学習の仕方が大切です。

 

5月6日(火)の「定期試験の学習法」イベントでは、上記の内容だけでなく、

どうやったら点数が取れるか、現役で医学部に合格した大学生たちから、

中学生時代の学習法や、当時のリアルな心境などを聞いていきます。

途中、ワークショップとして、定期試験の学習予定を作成します。

午後からは自習室を開放し、試験2週間前ということで、テストへの意識を高め

学習に取り組んでもらえる雰囲気を作っていこうと思います。

 

特に新中学1年生は良い成績が取れるとやる気も倍増するので、頑張って欲しいです。

 

GO!GO!GO!

 

 

 

 

 

 

 

★春日丘中 課題テスト★

10番以内に入賞!!!

10番以内の番付にのった生徒がいます!!

課題テストについて、しっかり追い込みの学習ができた結果かな、と思います。

まだまだ余力を残しているので、これからもっと伸びそうです(^^)v

 

これを弾みに、5月6日の「定期試験の学習法」を伝えるイベントも良いものにしていきたいです!

 

GW明けには、どこの学校も中間テストが控えています。

中間テストでは、みんな、最高の得点がとれるよう、学習指導だけでなく、学習スケジュールを見たり、様々な面からサポートして行きます!

 

GO!GO!GO!

(具体的な学年と順位は掲載しておりません。)

GW最終日に定期試験の学習法を伝達するイベントを行います。

★ 中学・定期試験の学習法 ★

 

【内容】

①定期試験の学習法

②普段の学習法

③各中学校の学習ポイント(メインは春日丘中学校ですが他の中学校での定期試験の学習法もお伝えいたします。)

 

【配布物】

「定期試験の学習法」のレジュメ。

 

【目的】

中学受験時の学習とは違う、定期試験での学習法をお伝えし、新学年でのやる気を引き出し、中間テストで良い結果を残すことで、ポジティブな気持ちで学習に向かえるようにしていきます。

 

【日時】

5月6日(火)午前10時30分〜12時

 

【対象】

中学生、とくに新中学1年生(親子参加できます。定員7組)

 

【参加方法】

お電話、メールなどでお申し込みくださいますよう、よろしくお願い致します。

 

【参加費用】

無料

 

【学習塾Go'sのイベントへの思い】

どの中学校もGW後、5月中旬から新学年で最初の定期試験がスタートします。 新中学1年生に多いことですが、この最初の定期試験で中学受験時の学習法のまま臨んでしまい、努力した割には成果が出ず、学習へのやる気をいきなり削がれてしまう、という事があります。 そうすると、次回からの定期試験にマイナスイメージをもって臨んでいくことになります。そして、その時の中学生の心理としては「成果が出ないのになぜ学習するのか、、、大学受験は4〜5年後なので、まだやらなくていいじゃないか、、、高校2〜3年から本気でやればいいや!」となる恐れもあります。ひどいと学校へ通うことすら価値を感じられなくなるかもしれません。 表面的には次回も頑張ろう!となると思います。 しかし、「頑張ったのに、なぜ成果が出ないのか」という部分に正しい答えがないと、次回も、またその次も、間違った学習法を積み重ねていき、どうがんばっても結果が出ない!となると、やる気をなくしてしまうかもしれませんし、実際にそうなっているということを見てきました。 (家族が正しいアドバイスをしても、思春期ということもあり、耳を傾けないことも多いようです。) こういったことを防ぐためにも、事前に正しい学習法を知った上で試験勉強に臨むことがお子様の学習へのやる気を持続するポイントになります。

 

【イベント企画の動機にいて】

実は、この企画はネガティブなイメージが最初にありました。 それは、中学1年生の段階で学習をしなくなってしまう生徒たちを見てきたからです。 多くの時間と楽しみを抑えて中学受験をし、せっかく入った私立中学で、はじめは学習にやる気を持っていたけれど、思うように成果が出ず、学習をしなくなってしまう…そんな現実は実際あります。 それを中学受験の「燃え尽き症候群」と言うのかもしれません…しかし、実際は正しい学習法をしていなかったからだと言えます。 このような状況になる前に、正しい学習法を知った上でテストに臨んでもらいたい、そして私立中学の良質の学習をポジティブな気持ちで学び続けていってほしい、そう思います。 大学受験時、またその先の将来に向けて可能性を大きく広げるには、早い段階から準備をしていくことが大切と考え、このプロジェクトを企画しました。 

以上

 

定員は7組までですが、お越しになられた方々に必ず好かったと思えるイベントにするよう頑張ります!!

 

GO!GO!GO!

春日丘中、啓明コースの課題テスト対策

私立中学は春休みが長いです。

その間、課題も結構出ています。

 

そんな中、さっそく休み明けにテストのある学校もあります。

春日丘中では8日、9日と春課題のテストがあります。

新学年のスタートをいい形できれるよう、テスト対策を実施しています。

 

どうしても家だと気持ちが引き締まらない、なんて場合もあると思います。

自習スペースをうまく利用してもらえたらと思います。

 

 

 

 

 

 

この春休みで…

" Anything essential is invisible to the eyes ," the little prince repeated , in order to remember.

The little prince

 

「すべての大切なものは目に見えない」王子様は覚えようと何度もつぶやきました。

 

星の王子様からの言葉です。

生徒たちに、この春休みの間で、新しい学年に向けての期待とか希望を育んで欲しいです。

そして、桜の花が冬の間じっと開花へ向けてのエネルギーを貯めこむように、たとえ数字では測れなくとも、将来へのエネルギーや成長を内側に貯めいって欲しいなと思います。

数字としての結果があっての塾ではあるのですが、そんなことを考えたりもします。

 

多くの人たちに支えられ、学習塾Go'sももうすぐ一年です。

中学生という成長段階での生徒たちへの、長期的な視点での指導がどれほど出来ただろうか。。。

成功と失敗の中から、大切なものを見出していこうと思います。

 

GO!

茶話会、大成功でした!!

本日、「第1志望校合格への道のり」と題して、早稲田大学法学部に合格した加藤くんとお母様から、主に中学生向けの合格体験談を伺いました。

 

名古屋中高では、中学のうちにやんちゃをしとくとよい!という話から、実際「Tクラス」は推薦取れるの?ってところの話まで、深く、広く、また身近にお話を伺えました!!

 

とてもよい会を開くことができて良かったです!次回もなにか面白そうなテーマを見つけて、生徒たちやお家の方々のためになるイベントをやっていこうと思います。(^^)v

 

 

茶話会を行います。

このたび、急遽以下の概要で茶話会を行います。

 

日時:3月15日(土)14時〜15時

場所:学習塾Go's

ゲスト:早稲田大学 新1年生とそのご父母

内容:対話形式で中学受験から大学受験合格までのお話を伺います。

   (質疑応答あり)

 

参加者:私立中高一貫校へお通いのお子様とご父母

          (塾生以外も参加できます。ご希望される方はお電話かメールにてお申込みください。)

    電話:0568-37-1773     e-mai : go-s@go-s.org

 

今回、茶話会としてのテーマは「大学受験 第一志望校合格までの道のり」です。

この茶話会の意図は、生徒目線で語られる中学から大学受験までの体験を聞き、将来についていろいろ考えたり感じたりしていただくことです。

大人の言葉ではなく、生徒自身が語る言葉は、中高生の気持ちへダイレクトに訴えかける力があるはずです。

 

注目すべき点は、第一志望校合格までの道のりが、波瀾万丈だったことです。

波乱に満ちているけれど、最後は第一志望校を勝ち取るという話をきき、生徒たちが未来へ向けて希望をもち、モチベーションアップにつながったらいいな、と思います。

 

どんな会になるか、楽しみです(╹◡╹)

 

 

名古屋中学の成績について

本日、名古屋中学の学年末の答案が返却されています。

 

全員の成績を見たわけではないのですが、ある生徒は英語、数学ともに平均プラス20点以上とれています。

平均点プラス20点を取ってくるのはなかなか難しいですが、それを英語、数学でやってのけたのは非常に価値のあることだと思います。

すごく嬉しいです!!

 

また、他の科目も概ね平均プラス10点位です。

本人のやる気が成果につながったのかな、と思います。

塾ではいつも以上に集中していたように思います。

 

春休みが楽しく過ごせそうですね(*^_^*) 

 

そういえば…名古屋中学は高校でTクラスに進むか、そのままのコースで進んでいくかで進路が大きく左右されます。

そういうことも視野に入れながら、進路を考えていかないといけませんね。

春休みにそういうことを考えるのもいいのではないかな、と思いました。

 

 

 

月曜からは南山女子もいよいよ学年末スタート!!

南山女子はNew Treasureや構読、文法の授業でレベルの高いことをやっています。

だからテスト対策も力が入ります(^^ゞ

 

東海中学もSunshineが結構細かい内容を掲載しているので、きちんと対策しないとね(╹◡╹)

 

とは言うものの、、、

上記のような学校の生徒は自分で考えて学習を進めています。

 

中学受験時の誰かに教えてもらう学習から、自分で学力を身につける学習へシフトしつつあります。

これは、とても嬉しいことです\(^o^)/

 

さあ!

明日もGo!

 

 

東海中、南山女子中がいよいよ学年末スタートですね!!

いよいよ東海中や南山女子も定期試験が始まりますね。

 

東海中学は数学が他中学と比べて密度が濃いな、という印象を受けます。

一方、南山女子は英語と理科についての授業内容の密度が濃いです。

 

彼らのノートや学習内容を聞くと、やはり難易度が高いように感じます。

 

彼らのために、コツコツと学習での成果をあげていけるよう、サポートして行きます!!

 

GO!

 

 

英検、漢検

昨日は春日丘中の生徒の漢検、英検の合格の報告を受けました(*^_^*)

 

英検3級は一緒に面接の練習をしてから臨みました。

試験後に生徒の出来具合を尋ねると、「まあ、できました」と言っていましたので、受かったかな、と思いましたが、結果が出るまではちょっと不安でした。

 

なので、合格の報告を受けた時は嬉しかったです(*^_^*)

 

その生徒は今回の定期試験でも国語が番付にのったり、5教科の合計点でジャンプ賞をとったりと

飛躍的に成績が伸びました!!

 

この調子で、次の学年も

GO!GO!GO!

 

 

春日丘中、啓明コース1,2年のテスト結果が出始めてます!

今回のテストでも、高得点や、得点が一気に上がった生徒がいます!!

 

英語は平均点が低かったそうですが、頑張って90点台をとってきています。

また、国語は平均が50点位のところ、70点台を収めている生徒もいます。

数学については今回、幾何が難しかったようで、平均が低そうですが、昨日塾に来た生徒たちは平均を超えてきています!

 

総合的にどうだったかはこれから発表されてくると思います。

当然、課題も残るのですが、成果も上がっているので、この調子で頑張って行って欲しいです!!

 

GGO!GO!GO!

 

 

 

名古屋中、南山男子中、定期試験スタート!!

名古屋中や南山男子は今日から定期試験スタートです!!

 

毎回、とても良い問題が出題されている2校です。

学習塾Go'sに来ている生徒たちが頑張って良い点数をとって、気持ちよく春休みに入ってくれるといいな、と思います。

 

今日も午後から生徒が来ます!!

試験対策+質問対応をしてしっかりサポートして行きますね(^^)v

 

GO!

 

 

 

今週日曜から新中1の無料体験授業スタート!!

今週から新中1の英語の無料体験授業がスタートします!!(^^)v

 

無料体験と言っても、結構内容を濃くしています。

3回(3日間)に分け、個々の英語の学習状況に応じてお教えいたします。

もちろん、宿題も…(^^)

 

そして、上の写真の一番右のテキストは春日丘中学の説明会で配布された英語の課題であるペンマンシップです。

 

これを使ってフォニックスの読み方をお教えいたします。

英語の学習が進んでいる子には別のテキストを用意します。

 

ちなみに真ん中のテキストは灘中学の木村達哉先生が作られた「5STAGE BOOK1」です。

これは春日丘中学や名古屋中学、あと南山女子でも問題集として使用しているテキストです。

とっても内容がいいです!!

 

一番左は、これも春日丘中学で使用しているニューホライズンです。公立でも使われているもので、基本的な内容をしっかり習得できるテキストです。

 

春日丘中へ入学するお子様にはこれらの内容を踏まえて英語をお教えしていきます。

 

ほかの、愛知県内の私立中学へ入学されるお子様にもその学校にあった内容をお教えしていきます!

 

すごく楽しみです(^^)

GO!GO!GO!

定期試験対策

春日丘中、啓明コースは来週から定期試験がスタートします。

名古屋中や南山男子は再来週からです。

 

春日丘中の生徒はもちろんですが、名古屋中や南山男子の生徒も自習に来て着々と試験準備を進めています。

 

定期試験前には提出課題もありますから、はやめにそれを済ませることが大切ですね。

 

学年末、良い結果でおわれるよう、がんばろう!!

GO!

 

 

金城学院中学の英語のテキスト

金城学院中学では英語のテキストが今までの"PROGRESS IN ENGLISH 21"から"New Crown"に変更されたようです。

 

Progressはミッション系の私立中学でよく使われる、すこし難しい教科書でしたが、今回は比較的標準的な難易度のNewCrownを採用するようです。

これでProgressを使っているのは東海地区では滝中学くらいになったんじゃないかな、と思います。

 

5年後はセンター試験が無くなる方向だと聞いています。いまの中1は高校2年の時点で入試がスタートするということです。それと少し関係があるのでしょうか…

 

ほかの中学校でNew Crownを採用しているのは、愛知淑徳中や愛工大附中です。愛知淑徳中はもちろん金城学院中学や他の私立中学へ通っている生徒たちは入学後も塾へ通っている生徒は多いです。

こちらも今年から金城学院へ通う生徒への準備を進めています(^^)v

 

GO!

 

 

私立中学の定期試験がスタート!!

春日丘中の3年はすでに学年末が終わっていますが、それ以外の学年でも学年末がスタートしました!

 

代数のテストだけが早めに行われたため、すでに結果が返却されています。

今のところ満点一問だけ間違えてしまったという結果です。

いい感じでスタートを切れた子たちがいます(*^_^*)

この勢いで自己最高順位を目指して欲しいです!

 

また、名古屋中、南山中男子部ももうすぐ学年末です。

しっかり準備をしてテストに臨むことで今年度最後のテストを最高の結果で終え、次学年へ自信を持って進んでいけるといいですね。

 

南山女子や東海、淑徳は3月半ばにテストがありますが、テスト範囲が広くなるので、いま進めている学習内容をきちんと身につけていくことが大切ですね。

 

 

明日、明後日は朝10時から22時まで自習室を開けます。

テストの近い生徒たちは自習室を利用すると思います。

 

さあ!

学年末テストが今年度、最高の結果で終えられるよう、GO!GO!GO!

 

 

中学受験をがんばってきた生徒たちへ

おつかれさまです(╹◡╹)

知ってる生徒も知らない生徒も、中学受験をしたすべての生徒たちは本当によく頑張ったと思います。

 

4月からは新たなスタートがまっていますね。

今までとは違う生活の中で頑張って行ってください\(^o^)/

 

 

 

私立中学合格発表4

南山中学男子部、合格!!

 

着々と進路が決まっていきます。

 

みんな、ほんとうによく頑張ったと思います。

一緒に勉強できたことに、ほんとうに感謝の気持ちでいっぱいです!!

私立中学合格発表3

名古屋中学も、見事合格!!

 

さあ!まだまだ受験は終わっていません。

 

最後まで粘り強くがんばろう!!

GO!GO!GO!

 

 

 

中学受験の合否について

このブログには中学受験の合格を掲載していますが、惜しくも合格に及ばなかった生徒についても、中学受験を乗り切ったことをたたえてあげたいです。

 

11、12歳という年齢で、それにまさる努力をしてきたすべての受験生に敬意とエールを送ります。

 

 

 

私立中学合格発表2

愛知淑徳中学、合格!!

 

本当、よくがんばったな、と思います!!!

とにかく、うれしいです。

 

数字だけの話になると味気ないのですが、小6のはじめごろは偏差値が50を切ることもありました。

そこから考えると、本当に、本当によく頑張ったと思います。

 

合格おめでとう!

 

 

 

私立中学合格発表

私立中学の合格発表が出始めています!!

 

学習塾Go'sでも、第1期生が頑張っています!!

 

本人の第一志望である春日丘中の啓明コースへの合格をはじめ、他にも愛知中、愛工大附中、金城学院中や聖霊中への合格者も出ています。

 

これからまだまだ受験は続きます。

体調管理だけが心配ですが、今までの努力を発揮して、第一志望校合格へ向けてがんばっていってほしいです!!

 

GO!GO!GO!

中学受験

中学受験がスタートし、生徒たちの気持ちも高まっていることと思います。

 

たくさんの時間を費やして臨む中学受験。12歳という年齢には大変な苦労があります。受験を乗り越え、小学校時代にできなかったことを中学校生活で実現したり、新しいことへトライし、いろいろとエンジョイしてほしいです。

 

学習塾Go'sでは、新中学1年生がスムーズに各私立中学校の学習へ入っていけるよう、個々に合わせたカリキュラムで彼らをサポートしていけたらと思います!

GO!