中学受験の生徒がすごい勢いで成績を伸ばしています!

11月から通塾している中学受験をする小6の生徒の成績がすごい勢いで伸びています。

おそらく、偏差値で言うと15くらいは伸びています。

「おそらく」というのは志望校合格へ必要なことを選択・集中して教えているため、このような表現になります。

(模試によって母数が違ったり、偏差値が出ていなかったりしますしね)

10月末の模試で合格可能性が20%だったところから11月末の模試で50%になっています。

得点力としては70点以上増えています。

ほとんどの科目で10点〜20点増加しています。

生徒の表情も、どんどん精悍になっていて、自宅でも自ら早起きして頑張っているそうです。

学習の予定も自ら立てて、計画的に学習をする、という意識が出てきています。

質問もどんどんしてきます。

実力がアップするに従って、自信をつけてきています。

越えなければいけない壁があるけれど、毎日教えていて、一歩一歩合格へ近づいている、という実感があります。


この時期、集団授業で偏差値が伸びず、「このままでいいのだろうか」という不安を抱いている生徒たちやご家庭は少なくないのではないでしょうか。

これは私の個人的な考えですが、状況を打開するためには行動するしか無いと考えていおります。

具体的には、生徒の学習状況と志望校の出題傾向に合わせて、学習内容を選択・集中し、徹底的な学習管理をして行きます。

それ以外にも、早く、正確に、決意をもって進めていかなければならないことがたくさんあります。

限られた時間の中で、合格を勝ち取るため、一瞬も気が抜けない時期になってきました。

とにかく、ひたすら頑張ることに尽きますが、それ以外、何もないです。



GO!GO!GO!