学習への考え方

「なぜ生きるのか」ではなく「何のために生きるのか」が大事だ、と最近読んだ本に書いてありました。

それから、いろいろ考えていて、やっぱり生徒のことを考えました。

 

私自身も考えたことがあるのですが、「なぜ勉強するのか」ということです。

勉強で苦しい局面を経験した人なら多くの人が考えることかな、と思います。

しかし、これは外部へ問いかけるのではなく、自分自身に向けて「何のために勉強するのか」と問いかけることなんじゃないかな、と思いました。

 

もし、生徒がなぜ勉強するのか、と問いかけてきたら、こう答えてあげたいと思います。

学習面でも笑顔になるために、今は苦しくとも未来で笑顏になれるように生徒たちに教えていきます☆☆☆

 

GO!GO!GO!