英語:ニュートレジャーについて

ニュートレジャーを使用しているのは南山女子、名古屋中学、南山男子、大成中といった中学校になります。

このニュートレジャーという英語の教科書は、英語の教科書の中でも、もっとも難易度の高い(詳しい、という意味でもありますが…)ものの一つではないかと思います。

 

そのため、上記の中学校での定期試験の内容は、必然的に他の中学校と比べると難易度が高くなっているように思います。

新出単語だけでも、一つの単元につき、80〜100位はあります。

また、文法的にも、詳しい説明が盛り沢山です!!

(たとえば、中1の内容で行きますと、単複同形の単語として、fishだけでなく、sheepも出てきます。また、中2ではfarの比較級"further"が出ています。)

よって、定期試験の学習には、たんに教科書内容を覚える、というだけではなく、きちんと、なぜそうなっているのか、まで理解していかないと、高得点は難しくなります。

裏を返せば、そこまで理解して進めていくと、本当に英語の力が備わっていきます!!

 

いま、英語の学習、どうですか?

順調でしょうか?

 

中学1年生の1学期ならまだそんなに心配することはありませんが、2学期以降は大きな差を広げていく恐れがあります。

 

ニュートレジャーはとてもよい教科書です。

しかし、もしいまその学習に不安を抱き始めているのであれば、はやく改善していく必要があります。

理科や社会は得意であるに越したことはありませんが、たとえ不得意でも、高校から対処していけると思います。

 

しかし、英語と数学は積み上げていく学習ですし、入試で必要となります。

いわば、学習の柱です。

先を見据えて、きちんとプライオリティが何かを考えて学習に臨むことが大切だと思います。

 

いま、多くの学校が定期試験を終えようとしています。

これから定期試験がある生徒たちが笑顏で夏休みを迎えられるといいな、と思います。

 

さて、塾での定期試験対策もあと一週間!

みんな、がんばろ〜!!(*^_^*)

 

GO!