南山中女子部のテストについて

南山中女子部は定期試験も入試問題ばりにハイクオリティーです!

 

中1は英語の中間テストから既に英作文の問題がでていますし、間違った英文を正しく直す誤文訂正問題もあります。英語の構成力、英文の校正力を問われています。しかも問題集からそのままの出題はないとおもいます。問題集をやりこんでも、頭で理解していないとできない問題だと言えます。ここから見えてくることは先生たちが手間を惜しまず、きちんと問題を作っているんだ、ということです。そして、このようなテストからは南山中の先生達の熱い思いが伝わってきます。きちんと英文法を理解しているかを問うことで、英文法の定着が英語を習得するために大切であり、薄っぺらく暗記などで理解するのではなく、芯から理解してほしいんだ、という思いです。

 

実際、文法を教える授業では高校レベルの文法解説がされていると思います。それは、本当にすごいです。私学ならではのオリジナリティーのあるもので、その質には、さすが南山!と言いたくなるほどのクオリティーの高さがあります。正直、愛知県内の中学校の英語の授業と比べると異次元の世界といっていいくらいの内容で進んでいると思います。このような授業が受けられる生徒たちが羨ましいです(╹◡╹)

 

たしかに、南山中女子部に入学した生徒であれば、英語を高校レベルの文法用語などを用いて理屈(文法)から教えていくのは、いいかもしれません。「第2言語習得論」でも得意なツールを使って英語を学ぶこと(教えること)が最も良い手段だ、とありますから。(ちなみに英語Bでは会話中心ですから文法ばかり、というわけではないです)


しかしながら、文法中心だと解説を聞き逃したり、集中できなかった日などの内容はちんぷんかんぷんになってしまうかもしれませんね。それくらい、授業内容はハイクオリティーだとも言えるのですが。。。そこで、Go'sでも生徒自身の得手不得手を踏まえた上で、対策問題を作ってきちんと理解しているかを確かめて、フォローアップをしていこうと思います。


また、国語のテストは記述問題の採点基準が入試問題かとおもうほど高いですし、数学も根底からの理解を促していて、すごいです。

 

このような環境で学べるチャンスを得られた生徒たちがすっごく!羨ましいです!!

さあ、期末試験が終われば夏休みですね!楽しい夏休みにするため、期末試験、頑張って欲しいです。

 

Go!Go!Go!